経済産業省認定  経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号)

中小企業の資金繰り・資金調達情報

法人の銀行融資返済が遅れたらどうなるのか

Torikura
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Torikura
1964年生まれ。大学院終了後、経営コンサル会社・不動産会社・会計事務所を経て独立するもあえなく失敗。独立資金1000万円を失う。経営は利益と資金がすべてであることを学ぶ。経営について1から学び2年間に2000冊以上の本を読破。独自の経営財務理論を極める。その後入社した資金繰りに苦しむアミューズメント会社の業績拡大に大きく貢献。独自の資金繰り・資金調達手法により売上倍増、借入金圧縮を実現する。さらに経営企画役員として新規事業・M&Aなどを成功に導く。M&Aの成功に伴い会社を退社して資金調達を支援するコンサルタントとして独立。自らの経験に基づき資金調達・資金繰りに悩む中小・零細企業の社長を支援する。 ■4A1枚の資料で資金繰りを改善しいつでも必要な資金を調達できる方法を教えます。■資金会計コンサルタント
詳しいプロフィールはこちら

会社を経営していれば毎月銀行融資の返済があります。

遅れたり返済不能になったらどうなるのでしょうか。

通常は経験したことが無い人がほとんどだと思います。
この記事では銀行融資返済が遅れると最終的に
どうなるのかてお伝えいたします。

 

 

銀行融資返済の相談は延滞前にする

 

銀行融資返済が遅れた理由

銀行融資が遅れた理由が重要です。
たまたま返済口座の資金が不足したような
うっかりミスなのか、銀行融資返済の資金が不足するほど
資金繰りが悪化しているかによって銀行の対応は違います。

 

過去に返済遅れがない場合でうっかりミスであれば
翌日以降返済口座に入金しておけば大きな問題になりません。

 

 

銀行融資返済が遅れる前に銀行へ相談する

資金繰りが悪化している場合は、至急銀行担当者に
連絡して相談することになります。
ただ資金繰りの悪化は事前にわかっていることなので
理想としてはその悪化した時点で銀行に相談し
対策を協議することです。

 

資金繰りを改善する方法としては
借換えによる返済金額の減額や
条件変更や返済条件緩和などの
リスケなが考えられます。

 

一時的な売上の低迷、資金繰りの悪化であれば
リスケが有効な手段となります。

 

また自然災害や取引先倒産などの突発的で緊急な事案に
関しては国がさまざまな政策で救済的な対応を行います。

日本政策金融公庫 セーフティーネット貸付

 

銀行に連絡せず融資返済が遅れる

銀行に連絡をせず返済が遅れ延滞が始まり、銀行から
連絡が来ても無視し誠実な対応を取らないケースがあります。
経営者があきらめているのか、どうにもならないと
思っているのかあるいは対応方法がわからないのか
いずれにしろ問題の先送りで現実逃避になってしまい
銀行の心証は非常に悪くなります。

 

将来の会社経営を継続していく上でプラスに
なることはないので十分注意してください。

 

なお相談される場合は、絶対に返済が滞る前に、
あるいは銀行から督促の連絡が来る前に相談してください。
相談するタイミングはその後の銀行との
交渉の中で、重要な意味を持ちます。

 

自ら進んで相談を行った場合、銀行はあなたのことを
誠実な対応をした人と評価し、その後の交渉も比較的に
緩やかに行われます。

 

一方で銀行から督促されて相談した場合は、銀行は
あなたのことを疑って信用できない人として交渉の場に臨みます。
その後の条件交渉も厳しくなる可能性が高くなります。

 

銀行融資の返済が厳しい時は迷わず銀行に相談しましょう。

 

 

銀行融資返済の遅れは3ヵ月がデッドライン


銀行融資返済が遅れた時点でこちらから
連絡しなければ担当者から連絡がきます。
連絡に対応すればリスケを含めた今後の
返済条件変更等を協議することになります。

 

協議がまとまるまでに1~2ヶ月程度かかりますが
円満に解決することができます。

 

ただ銀行融資返済が遅れてから何の連絡もせず
3ヵ月が経過してしまうと事故案件として
不良債権の取り扱いに変わります。

 

3ヵ月ぐらいまでの期間中銀行から催告書や警告書が届きます。
対応せず無視していると

 

「期限の利益を喪失」

ということで
一括返済を求められるあるいは法的手続きを取る旨通知されます。

 

遅延3ヵ月あたりまでは銀行と協議が可能ですが
法的手続きに移行するとそれ以降の協議は
かなり難しくなります。

 

将来の会社の存続を考えると銀行との協議が
可能となるデットラインは3ヵ月あたりまで
と考える必要があります。

 

銀行融資返済の延滞遅延が3ヵ月継続すると
不良債権として取り扱われることになります。

 

 

銀行融資返済の遅れが3ヵ月超えたらどうなる


銀行融資返済が遅れその後連絡や返済がなく
3ヵ月経過するとやがて内容証明等が届きます。
返済意思の確認と法的手続移行への最終通告になります。
これ以降は連絡がなければ本格的な法的手続きへ進むことになります。

 

  • 保証会社の代位弁済を受けて債権が保証会社に移行する。
  • 裁判所へ貸金返還請求訴訟を提起する。
  • 担保物件の競売手続きが同時並行して行われる。

 

ここまで来ると正常な銀行取引に戻ることは不可能になります。

銀行の最優先事項は融資貸金の全額回収です。
そのためにさまざまな手段を講じて回収を徹底します。

 

ただ会社自体に経営存続力や返済能力がなく
倒産状態であれば回収しようがないので会社再建の
意思がない経営者は銀行任せで何もしない場合が
多いようです。

 

6ヵ月以内に2度の不渡りを出すと銀行取引停止になります。
支払手形や小切手が2度の不渡りになっていなければ
銀行取引は継続することは可能です。

 

2度の不渡りを出し銀行取引停止を受けると
金融機関と当座預金取引・貸出取引(融資を受けること)が
2年間できなくなります。

 

銀行取引が停止されると支払決済・融資ができなくなるので
資金繰りが切迫し外部取引ができなくなり会社は
倒産状態になります。

 

普通預金は利用できるのですが銀行が払出できないように
普通口座を封鎖てしまうことがほとんどです。
現金のみで取引することは可能ですが実務上は
なかなか難しいのが現実です。

 

 

不渡り(ふわたり)とは、手形や小切手の支払期日を過ぎても

債務者から債権者へ額面金額が引き渡されず決済できないこと。

 

 

法人の銀行融資返済が遅れたらどうなるのかのまとめ


法人の銀行融資返済が遅れたらどうなるのかというと
短期間あるいは一時的な残高不足によるものでしつかり
銀行に状況を連絡をしているのであれば
大きな問題にはなりません。

 

ただ銀行融資返済の延滞が長期化すれば最終的に
法的手続きなどを取られ銀行取引の継続が困難になります。

 

延滞から3ヵ月以内であればさまざまな相談協議が可能です。
あくまでも銀行サイドに連絡を取るということが条件になります。

返済延滞から3ヵ月過ぎると返済を継続してもらうという方針から
貸金回収を優先した方針に変わりますので注意してください。

 

銀行とあなたの双方にとって一番まずいパターンは
あなた自身が責任を放棄して銀行に連絡を取らないことです。
基本的に銀行は法的対応を避け何らかの条件で返済を
継続してもうことを希望しています。
銀行にとってもあなたにとってもコストや手間がかかるだけではなく
精神的にストレスになることは避けたいはずです。
双方十分に話し合って、返済が可能な水準まで返済額を
見直すことを優先しましょう。

 

返済が苦しく返済の延滞遅滞を考えた時は
できるだけ早く銀行に連絡し相談することを
おススメします。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Torikura
1964年生まれ。大学院終了後、経営コンサル会社・不動産会社・会計事務所を経て独立するもあえなく失敗。独立資金1000万円を失う。経営は利益と資金がすべてであることを学ぶ。経営について1から学び2年間に2000冊以上の本を読破。独自の経営財務理論を極める。その後入社した資金繰りに苦しむアミューズメント会社の業績拡大に大きく貢献。独自の資金繰り・資金調達手法により売上倍増、借入金圧縮を実現する。さらに経営企画役員として新規事業・M&Aなどを成功に導く。M&Aの成功に伴い会社を退社して資金調達を支援するコンサルタントとして独立。自らの経験に基づき資金調達・資金繰りに悩む中小・零細企業の社長を支援する。 ■4A1枚の資料で資金繰りを改善しいつでも必要な資金を調達できる方法を教えます。■資金会計コンサルタント
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 最強の資金繰りプロ , 2019 All Rights Reserved.