経済産業省認定  経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号)

中小企業の資金繰り・資金調達情報

銀行融資を利用して起業するときに知っておくべきこと

Torikura
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Torikura
1964年生まれ。大学院終了後、経営コンサル会社・不動産会社・会計事務所を経て独立するもあえなく失敗。独立資金1000万円を失う。経営は利益と資金がすべてであることを学ぶ。経営について1から学び2年間に2000冊以上の本を読破。独自の経営財務理論を極める。その後入社した資金繰りに苦しむアミューズメント会社の業績拡大に大きく貢献。独自の資金繰り・資金調達手法により売上倍増、借入金圧縮を実現する。さらに経営企画役員として新規事業・M&Aなどを成功に導く。M&Aの成功に伴い会社を退社して資金調達を支援するコンサルタントとして独立。自らの経験に基づき資金調達・資金繰りに悩む中小・零細企業の社長を支援する。 ■4A1枚の資料で資金繰りを改善しいつでも必要な資金を調達できる方法を教えます。■資金会計コンサルタント
詳しいプロフィールはこちら

独立起業するときに必要な資金をどこから
調達したらよいのでしょうか。
はじめに頭に浮かぶのが銀行融資ですね。

 

銀行融資を利用すれば簡単に借りられると思っていませんか。
実は起業時に銀行融資を利用するのは意外とハードルが
高いということを知っていますか?
もちろん自らが経験したからわかることなのですが。

 

今回は銀行融資を上手に利用して起業するために
知っておくべきことについて私自身が銀行交渉の経験を
通して学んだことをお伝えします。

 

  • 起業時の銀行融資は利用が難しい
  • 起業時の銀行融資は信用保証協会を利用する
  • 起業時の銀行融資が難しいなら日本政策金融公庫を利用する

 

 

起業時の銀行融資は利用が難しい


銀行はお金を貸すのが本業です。
銀行に行けば何とかなると考えていませんか。
実は独立・起業などに対して銀行は非常に厳しい審査基準をもっています。
というより実績のある事業者に対して審査するノウハウをもっているのですが
実績のない独立起業者に対してはあまりノウハウをもっていません。

 

銀行としては、面倒だしデフォルト(返済不能)の
リスクが高いので融資をしたくないというのが本音です。
はじめからできないとは言えないので
融資審査をしてやんわり断られます。

 

現預金・不動産担保・保証人があれば別ですが
起業時の銀行融資は難しいということを理解してください。

 

では起業時に銀行融資は受けられないのかというと
そういうわけではありません。
次に説明する信用保証協会を利用すると
銀行融資を受けられる可能性が高まります。

 

 

 

起業時の銀行融資は信用保証協会を利用する


銀行は実績のない独立起業者に対する融資には消極的ですが
信用保証協会の保証が付けば融資に対応します。

 

信用保証協会は保証料を払う代わりに
保証人の役割を引き受けてくれます。
ただし保証を受けるためには信用保証協会の審査が必要です。
信用保証協会の審査が通過しなければ融資を受けることはできません。

 

基本的に相談先は銀行または直接信用保証協会の窓口になります。

 

 

銀行

銀行に相談する場合は信用保証協会の保証付で
融資を受けたいことを伝えましょう。

何も伝えないとそのままスル―されてしまうことも
あるので注意してください。
(担当者にもよりますが創業融資を受けたがらない人もいます。)

 

銀行は都市銀行や地方銀行より規模の小さな信用金庫・信用組合に
相談した方が対応が良いと思います。

 

信用保証協会

信用保証協会は全国にありますので
近くの信用保証協会に相談してみましょう。

全国の信用保証協会はこちら

 

信用保証協会は直接融資をしませんが
必要に応じて銀行の担当者を紹介してくれます。
信用保証協会は公的機関なので役所的な感じの対応になります。
融資や審査に関してはあまり細かいことは教えてくれませんが
手続きの方法や必要書類に関しては細かく確認することができます。

 

 

商工会議所・商工会

近くに商工会議所・商工会があれば相談してみましょう。
独立・起業・創業を積極的に支援しているので相談に対応してくれます。
銀行や信用保証協会なども紹介してくれるのでとても便利な公的機関です。
また次に説明する日本政策金融公庫とも提携しているので
日本政策金融公庫の創業融資等の相談が可能です。

 

特に【マル経融資】という融資商品は
商工会議所と日本公庫独自の商品なので
おススメです。

 

マル経融資(小規模事業者経営改善資金)

 

 

起業時の銀行融資が難しいなら日本政策金融公庫を利用する


銀行は起業時の創業融資にあまり積極的ではありません。
ただ創業融資に積極的に取り組む金融機関もあります。

 

独立起業時の創業融資に積極的に
対応しているのが日本政策金融公庫です。

 

日本政策金融公庫について詳しくはこちらご覧ください

独立起業するときに頼りになる政府系金融機関で
国・政府の政策が大きく反映されます。

現在国では少子高齢化の影響による産業の衰退を懸念して
事業承継や独立起業創業支援に非常に力を入れています。

 

それだけに独立起業のための創業融資に対して
積極的な支援を行っていることは
ぜひ頭に入れておいてください。。

 

日本政策金融公庫の特徴として

  • 民間金融機関に比べると創業融資を積極的に取り扱う
  • 創業融資審査に慣れている
  • 国の政策が反映される(起業を推進している)
  • 民間金融機関に比べると借りやすい

があげられます。

 

民間金融機関の融資審査がダメでも
日本政策金融公庫の融資審査を通過する可能性は
十分あるので検討してみましょう。

 

日本政策金融公庫は預金などの取り扱い業務はありません。
純粋な銀行融資ではありませんが、融資という意味では
民間金融機関の銀行融資と比較しても
条件が良いので利用を検討してみてください。

 

銀行や信用保証協会がダメなら
日本政策金融公庫という方法もありますが
一般的には日本政策金融公庫を最有力候補として
ダメだったら銀行や保証協会に打診する人が多いようです。

 

ただし、日本政策金融公庫が比較的借りやすいので
ダメな場合は銀行や信用保証協会な難しいと言えます。
もちろん可能性はゼロではないので打診はした方が良いと思います。

 

 

銀行融資を利用して起業するときに知っておくべきことのまとめ


起業するときに資金が必要なら銀行融資を利用することを考えます。
でも起業時の銀行融資は利用しにくいという以前に銀行はリスクがあるので
創業融資をやりたがらない傾向が強いです。

 

起業するときはじめに利用したいのがやはり
日本政策金融公庫の創業融資です。

次に検討するのが信用保証協会の保証付き銀行融資になります。

 

信用保証協会の保証を利用すれば融資の可能性は高まります。
保証協会付融資以外の銀行融資をプロパー融資と言いますが
起業時のプロパー融資はかなり難しいということを
理解しておいてください。

 

もちろん可能性はゼロではないので交渉することは可能です。

 

起業するときはどこから資金を借りるか優先順位を
しっかり考えることが効率的で良い結果にもつながります。

 

おススメの順位は

  • 日本政策金融公庫
  • 信用保証協会付銀行融資(自治体制度融資を含む)
  •   プロパー銀行融資

です。

 

銀行融資を獲得して起業をぜひ成功させて下さい。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Torikura
1964年生まれ。大学院終了後、経営コンサル会社・不動産会社・会計事務所を経て独立するもあえなく失敗。独立資金1000万円を失う。経営は利益と資金がすべてであることを学ぶ。経営について1から学び2年間に2000冊以上の本を読破。独自の経営財務理論を極める。その後入社した資金繰りに苦しむアミューズメント会社の業績拡大に大きく貢献。独自の資金繰り・資金調達手法により売上倍増、借入金圧縮を実現する。さらに経営企画役員として新規事業・M&Aなどを成功に導く。M&Aの成功に伴い会社を退社して資金調達を支援するコンサルタントとして独立。自らの経験に基づき資金調達・資金繰りに悩む中小・零細企業の社長を支援する。 ■4A1枚の資料で資金繰りを改善しいつでも必要な資金を調達できる方法を教えます。■資金会計コンサルタント
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 最強の資金繰りプロ , 2019 All Rights Reserved.