経済産業省認定  経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号)

中小企業の資金繰り・資金調達情報

保証協会付の銀行融資審査は誰が行うのか

Torikura
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Torikura
1964年生まれ。大学院終了後、経営コンサル会社・不動産会社・会計事務所を経て独立するもあえなく失敗。独立資金1000万円を失う。経営は利益と資金がすべてであることを学ぶ。経営について1から学び2年間に2000冊以上の本を読破。独自の経営財務理論を極める。その後入社した資金繰りに苦しむアミューズメント会社の業績拡大に大きく貢献。独自の資金繰り・資金調達手法により売上倍増、借入金圧縮を実現する。さらに経営企画役員として新規事業・M&Aなどを成功に導く。M&Aの成功に伴い会社を退社して資金調達を支援するコンサルタントとして独立。自らの経験に基づき資金調達・資金繰りに悩む中小・零細企業の社長を支援する。 ■4A1枚の資料で資金繰りを改善しいつでも必要な資金を調達できる方法を教えます。■資金会計コンサルタント
詳しいプロフィールはこちら

はじめて銀行と融資取引を行う中小企業はプロパー融資ではなく
保証協会付の銀行融資から始めることがほとんどです。

 

保証協会付の銀行融資審査はどこが行うのでしょうか?

 

銀行融資だから銀行が審査すると思っていませんか。
確かに銀行は融資の審査をしますが信用保証協会付の銀行融資の場合
信用保証協会も融資の審査をします。

 

中小企業の場合、銀行融資のほとんどが信用保証協会付の
銀行融資になると思います。

 

はじめて銀行融資に取り組むあなたのために
信用保証協会保証付き融資の審査について説明します。

 

  • 信用保証協会付き融資とは
  • 信用保証協会付き融資の審査
  • 信用保証協会付き銀行融資審査は誰が決める

 

 

信用保証協会付き融資とは

銀行は新規取引業績が浅い会社や資産担保が
乏しい会社に対しては積極的に融資をしません。

そうすると中小企業や個人事業主は
非常に融資を受けることが難しくなります。

銀行の信用が乏しい企業に対して
融資の保証人の役割をする公的機関が信用保証協会です。
公的な保証人といえます。

 

信用保証協会が債務の保証を行ことにより融資を
円滑にする仕組みを「信用保証制度」といいます。

 

参照:信用保証協会の保証制度【資金繰りが厳しいときに利用したい制度】

 

保証を受けるためには、信用保証料を負担しなければなりませんが
信用保証協会の保証がつけば銀行融資が非常に受けやすくなります。

 

では信用保証協会つきの融資は誰が審査するのでしょうか。

 

 

信用保証協会付き融資の審査

信用保証協会付の融資を受けるためには
信用保証協会の保証審査を受けなければなりません。

 

保証審査のポイントについて説明いたします。
基本的には銀行のプロパー融資の審査と変わりませんが
いくつか違ったポイントがありますので注意してください。

 

  • 保証対象業種であること(ここがポイント!要注意)
  • 反社会的勢力でないこと(融資に限らずさまざまな契約に適用されている)
  • 返済能力(決算書で判断)
  • 必要書類の準備(書類が多いので不備がないようにしましょう。)
  • 経営者の資質(普通なら問題ありません)

 

銀行融資の審査と大きな違いは保証対象外業種があることです。
保証対象外の業種には融資をしないので注意が必要です。
定款に記載されているだけでも融資を受けられない場合が
あるので事前に確認しておきましょう。

 

参照:利用できない中小企業とは(東京信用保証協会)

 

銀行の融資審査、保証協会の保証審査も基本的には返済能力があるかどうか
貸したお金が返ってくるかどうかを中心に審査します。

 

 

 

融資審査は誰が決めるのか

信用協会保証付の銀行融資は銀行と保証協会双方で審査をします。
どちらが決定権があるかというとやはり信用保証協会です。

信用保証協会がNGの場合債務保証がつかないので
銀行がプロパー融資をすることになります。
もともとプロパー融資ができないから信用保証協会付融資を
進めているので信用保証協会の債務保証がなければ銀行は
基本的に融資をしません。

 

  • 保証協会付き融資の流れ(銀行に相談した場合)
  1. 融資相談(銀行へ)
  2. 融資内容のヒアリング(銀行から)
  3. 信用保証協会付き融資提案(銀行から)
  4. 案件審議検討(銀行内)
  5. 信用保証協会申込書類作成(銀行)
  6. 信用保証協会保証申込(銀行→保証協会)
  7. 信用保証協会の審査(保証協会)
  8. 保証決定(保証協会→銀行)
  9. 銀行稟議(銀行承認)
  10. 融資実行

相談から実行までの流れです。
保証協会の審査が先に見えますが
実際は保証協会に申し込む前に与信判断を
しており大丈夫そうな案件を保証協会に申し込みます。

※信用保証協会に融資の相談をすることもできます。

近くの信用保証協会に相談する

 

銀行が信用保証協会つきの融資の申請をすると言う事は
それだけ審査を通る可能性が高いといえます。

 

まとめ

信用保証協会つきの融資は銀行と信用保証協会の両方で審査をおこないます。
銀行と信用協会ともに承認をもらえれば問題がありません。
それではどちらの融資審査が有効かというと基本的には信用保証協会と言えます。
なぜかというと保証協会の債務保証がなければ銀行が融資をしないからです。

 

外部から見ていると銀行がすべてを決めているように見えますが
実は融資の可否は保証協会の影響力が強いのです。

 

もし銀行融資を謝絶された時は念のために銀行と保証協会に理由を確認して
次回の融資に生かすようにしてください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Torikura
1964年生まれ。大学院終了後、経営コンサル会社・不動産会社・会計事務所を経て独立するもあえなく失敗。独立資金1000万円を失う。経営は利益と資金がすべてであることを学ぶ。経営について1から学び2年間に2000冊以上の本を読破。独自の経営財務理論を極める。その後入社した資金繰りに苦しむアミューズメント会社の業績拡大に大きく貢献。独自の資金繰り・資金調達手法により売上倍増、借入金圧縮を実現する。さらに経営企画役員として新規事業・M&Aなどを成功に導く。M&Aの成功に伴い会社を退社して資金調達を支援するコンサルタントとして独立。自らの経験に基づき資金調達・資金繰りに悩む中小・零細企業の社長を支援する。 ■4A1枚の資料で資金繰りを改善しいつでも必要な資金を調達できる方法を教えます。■資金会計コンサルタント
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 最強の資金繰りプロ , 2019 All Rights Reserved.