経済産業省認定  経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号)

中小企業の資金繰り・資金調達情報

銀行が融資でこだわる3つの財務指標とは

Torikura
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Torikura
1964年生まれ。大学院終了後、経営コンサル会社・不動産会社・会計事務所を経て独立するもあえなく失敗。独立資金1000万円を失う。経営は利益と資金がすべてであることを学ぶ。経営について1から学び2年間に2000冊以上の本を読破。独自の経営財務理論を極める。その後入社した資金繰りに苦しむアミューズメント会社の業績拡大に大きく貢献。独自の資金繰り・資金調達手法により売上倍増、借入金圧縮を実現する。さらに経営企画役員として新規事業・M&Aなどを成功に導く。M&Aの成功に伴い会社を退社して資金調達を支援するコンサルタントとして独立。自らの経験に基づき資金調達・資金繰りに悩む中小・零細企業の社長を支援する。 ■4A1枚の資料で資金繰りを改善しいつでも必要な資金を調達できる方法を教えます。■資金会計コンサルタント
詳しいプロフィールはこちら

これから銀行から融資を受けようと
考えている経営者、またすでに銀行から
融資を受けている経営者もいると思います。

 

銀行から融資を受けるためには事前に審査が必要です。

 

融資審査に通過しなければ融資を受けることはできません。

 

銀行は融資した資金が返済できるかという観点から
会社の決算書を分析します。

 

営業利益・経常利益・最終利益が黒字なら良くて
赤字ならダメだと考えている経営者は多いのでは
ないでしょうか。

 

 

もちろん最終利益が黒字であることがベストです。
実は銀行が重要視している指標があります。

 

実はこの指標をクリアしていないと融資を謝絶されたり
融資金額を減額されるということもあります。

 

今回は銀行が融資のときに重視している3つの
財務指標について説明します。

 

  • 自己資本比率(株主資本÷総資本)
  • 総資本経常利益率(経常利益÷総資本)
  • 債務償還年数(【有利子負債-運転資金】÷キャッシュフロー

 

 

 

自己資本比率(株主資本÷総資本)


銀行は安全性という観点からまずは自己資本比率を確認します。
株主資本は資本金と過去の利益の蓄積になります。
設立から今までどのくらい会社儲けてきたかという過去の実績がわかります。

 

最低でも10%は欲しいところです。
業種によって平均は違いますが20~30%あれば問題ありません。

50%以上あれば安全性は高いとみられます。

 

創業から日が浅いと利益の蓄積が
あまり進んでいないことがあります。

 

創業期であればある程度の赤字は
仕方がないという認識はありますが
設立時の資本金額が少なかったたり
連続赤字による累積損失により
債務超過になっている場合、融資は
見送られます。

 

資本が欠損している場合は、今後の業績が
どのように推移するか注目されるので、将来の
説明が重要になります。

 

中小企業の場合、顧問税理士などの指導により
節税が推進される傾向がありますが
銀行融資ではあまり得策ではありません。

 

特に創業期は、利益を出し、しっかりと納税して
株主資本を早期に積立て、自己資本を充実させることが重要です。

 

自己資本比率が高まれば銀行の評価が高まり、成長に必要な資金を
必要なときに有利に調達することが可能です。

 

 

総資本経常利益率(経常利益÷総資本)


次に見るのが収益性になります。

経営者は粗利益率や営業利益率などに
注目しますが銀行は支払利息などを控除した
経常利益率に注目します。

 

やはり銀行の融資利息の支払いが
できているかというところです。

 

経常利益率が業界平均を下回っていないか確認されます。
下回っている場合は、その理由は何か。

 

さらに粗利益・営業利益・経常利益・当期利益
の中身を分析し原因を探り問題点を見つけ出します。

 

特に営業利益が赤字の場合は注意が必要です。

 

営業利益は本業の利益を示す指標なので特に注目されます。
銀行融資前は営業利益が赤字にならないよう気をつけましょう。

 

 

 

債務償還年数(【有利子負債-運転資金】÷キャッシュフロー)

債務償還年数=(【有利子負債-運転資金】÷キャッシュフロー)

※キャッシュフロー額=営業利益+減価償却費

最後は債務償還年数です。

 

今ある借金を何年で利益返済できるか
という返済能力を確認します。

 

安全性や収益性も重要ですが
銀行としては特に注目している指標です。

 

基本的には債務償還年数は
10年以内にならなければなりません。
多少の超過は安全性や収益性も含めて
総合的に判断されますが10年以内を
目指してください。

 

年数が短いほど返済余力が
高まりますので銀行としては
融資しやすい会社になります。

 

逆に10年を超えてくると厳しくなります。
融資しずらい会社になります。
指標を改善するには借入金の返済を
進めるかキヤッシュフローを
向上させる(利益向上)かになります。

 

債務償還年数を意識して経営している経営者は
まだまだ少ないので常日頃から債務償還年数の
改善を心がけましょう。

 

 

銀行が融資でこだわる3つの財務指標とはのまとめ


銀行融資の審査では
財務分析や経営分析としてたくさんの
財務指標が細かく分析されます。

実際に経営者であれば
顧問税理士から様々な財務指標の
説明を受けたことがあると思います。

銀行もたくさんの指標を使用して
分析していますが融資審査を検討するときは
上記3つの指標をざっくり確認して
融資審査の方針を決めるようです。

 

もちろん数量的な要素だけではなく経営者の人物評価などの定性的な要素も
分析されますがやはり第一印象、ファーストインプレッションは重要です。

 

そこで大勢が決まってしまう可能性もあります。

今回紹介した3つの財務指標が良好であれば
融資審査の印象も良くなるのではないでしょうか。

そうであればこの3つの財務指標の改善を
継続的にススメルことが重要でありあなたが
目指すべき会社の指標になります。

 

あなたが経営者であればたった3つの指標を
改善するだけでいつでも銀行が融資してくれる
ような会社になるとしたらどうしますか。

 

ぜひ日々の経営管理指標として利用してみてください。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Torikura
1964年生まれ。大学院終了後、経営コンサル会社・不動産会社・会計事務所を経て独立するもあえなく失敗。独立資金1000万円を失う。経営は利益と資金がすべてであることを学ぶ。経営について1から学び2年間に2000冊以上の本を読破。独自の経営財務理論を極める。その後入社した資金繰りに苦しむアミューズメント会社の業績拡大に大きく貢献。独自の資金繰り・資金調達手法により売上倍増、借入金圧縮を実現する。さらに経営企画役員として新規事業・M&Aなどを成功に導く。M&Aの成功に伴い会社を退社して資金調達を支援するコンサルタントとして独立。自らの経験に基づき資金調達・資金繰りに悩む中小・零細企業の社長を支援する。 ■4A1枚の資料で資金繰りを改善しいつでも必要な資金を調達できる方法を教えます。■資金会計コンサルタント
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 最強の資金繰りプロ , 2019 All Rights Reserved.