経済産業省認定  経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号)

中小企業の資金繰り・資金調達情報

資金繰りに疲れたら知っておくべき3つのこと

Torikura
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Torikura
1964年生まれ。大学院終了後、経営コンサル会社・不動産会社・会計事務所を経て独立するもあえなく失敗。独立資金1000万円を失う。経営は利益と資金がすべてであることを学ぶ。経営について1から学び2年間に2000冊以上の本を読破。独自の経営財務理論を極める。その後入社した資金繰りに苦しむアミューズメント会社の業績拡大に大きく貢献。独自の資金繰り・資金調達手法により売上倍増、借入金圧縮を実現する。さらに経営企画役員として新規事業・M&Aなどを成功に導く。M&Aの成功に伴い会社を退社して資金調達を支援するコンサルタントとして独立。自らの経験に基づき資金調達・資金繰りに悩む中小・零細企業の社長を支援する。 ■4A1枚の資料で資金繰りを改善しいつでも必要な資金を調達できる方法を教えます。■資金会計コンサルタント
詳しいプロフィールはこちら

資金繰りに日々苦労して
疲れている社長さんいませんか?

経営や営業に集中できず資金の工面に
追われるのは本当に辛いです。

 

眠れない毎日から早く解放されたいと
思っても何をやってよいかわからず
思考も低下していきます。

 

自己破産を選択してしまう社長もいます。

 

でも資金繰りに悩む社長に
ぜひ知っておいてほしいことがあります。

 

 

資金繰りが悪化して疲れたときに
何をどうすればよいのかということです。

 

今回は資金繰りに疲れたら知っておくべき3つのことを
まとめましたのでぜひ参考にしてください。

 

  • 資金があるうちに資金繰りの対処をする
  • 支払いを止める順番を間違わない
  • 社長が知っておくべき経営者保証ガイドラインのこと

 

 

資金があるうちに資金繰りの対処をする


資金繰りが厳しい・大変と感じたら早めに対応しましょう。
まだ大丈夫と思い込み問題を先送りにする社長は
多いのですが何も解決しません。

 

とにかく一日も早く行動することです。

 

資金繰りが悪化してから
倒産までアッという間です。
あなたが想像している以上に
資金繰りは早く悪化していきます。

 

 

資金が手元にあるうちに対応するのがポイントです。
資金があり経営ができているうちは
取引先も銀行も協力してくれます。

 

顧問税理士や資金繰りの専門家に
アドバイスを依頼してください。
資金繰り悪化の原因を追究し
改善することを計画としてしっかり作成するのであれば
銀行や日本公庫などから融資を受けることも可能です。

 

今を切り抜けようと闇雲に資金を
借りるのはとても危険です。

資金繰りの悪化原因がわからず資金を借りれば
それは穴のあいたバケツの水のように
どんどん資金はなくなります。

 

支払手形を乱発し高利な資金を
借りようなことになれば
それこそ資金繰りは詰まりますので
注意してください。

 

 

支払いを止める順番を間違わない


どうしても資金繰りの目途が立たない場合は
一時的に支払いを止めることが必要です。

緊急時の支払い停止になりますが
必ず事前に取引先関係者に説明をしてください。
何も通告なく支払いを遅延・停止することは
会社の信用を著しく低下させることになるので
注意してください。

 

支払の優先順位

 

支払手形

不渡り2回で手形取引停止となり倒産になります。
発行していなければ問題ありませんが
あれば注意してください。

必要に応じて期日の書換えを交渉します。

 

従業員給料

従業員がいなくなれば営業はできません。
支払いが遅延すれば、危ないと感じて会社を
離れていく従業員もいます。

人財の流出はノウハウもいっしょに
流出・消失していくので損害は大きいです。

 

取引先

仕入や外注がいなければ営業できません。
取引先に迷惑をかけることは良くありませんが
事情を説明し協力してもらいましょう。

 

税金・社会保険

不動産などの資産があれば差押えされますが
支払条件の交渉が可能です。

 

銀行への返済

銀行には最優先にと思っている社長は
意外に思うかもしれませんが
銀行の支払いは後回しにします。

 

まずは会社の再建・存続を優先させます。
会社がなくなれば銀行は不良債権をかかえることに
なるのでしっかり説明すれば理解を得られます。

 

もちろんしっかりとした再建計画をたて
返済可能であることを示さなければなりません。

 

上記が正しいかどうか正解かはわかりませんが
自らの経験からするとこんな感じになります。

 

参考にしてください。

 

ただ支払停止はあくまでも一時的なものであり
まずは会社の財務状況を把握し抜本的に対応する
ことが重要です。

 

ここで短期的な対応では経営改善が見込めない場合には
銀行と協議しリスケや本格的な再建計画を策定して
いくことになります。

 

リスケとは
リスケジュールの略でスケジュールや計画を
組み直す・変更するという意味になります。
銀行への返済が厳しくなったときに返済可能な計画に
変更することを言います。

 

経営改善計画や早期改善計画の作成作成支援は下記をご覧ください。

 

 

社長が知っておくべき経営者保証ガイドラインのこと


経営者のほとんどが銀行などの金融機関を受けるときに
経営者として保証人になっていると思います。
あまり契約内容を確認せずあたりまえのように記名、押印しています。

それだけに会社が破綻すればすべて
私財を投入しなければいけないと
思っているのではないでしょうか。

 

すべてを失うならもう少し頑張ろうという
のが普通ですが、それがさらに会社の負債を
増やし傷口を広げる結果になります。

 

ここで理解してほしいのが会社の経営が
破綻したときの経営者保証のあり方です。

 

必ずしもすべての銀行の経営者保証が
経営者保証ガイドラインのとおり
処理されるわけではありませんが
多くの金融機関はこのガイドラインを
遵守しています。

 

経営者保証ガイドラインのポイント

  • 経営者保証への過度な依存を避けて融資を受けられるようになる。
  • 経営者保証していても所定の条件を満たせば、私的債務整理を行う場合、現金99万円のほかに一定期間の生計費に相当する現預金や華美でない自宅を残すことが認められる。

 

社長が早期に決断し債務整理することによって
破産という法的整理をする前に、生活資金や自宅を残し
再起を目指すことが可能になります。

 

詳しい情報にいては経営者ガイドラインをご覧ください。

経営者保証に関するガイドライン」Q&A

 

 

資金繰りに疲れたら知っておくべき3つのことのまとめ


資金繰りに追われ疲れてくると良い考えが
浮かばず悪いことばかり考えがちになります。

 

どうしても倒産という言葉が頭をよぎるようになり
不安と恐怖が日増しに強くなっていきます。

 

でも社長は必死に頑張ってしまいます。
そして事業停止・倒産という最悪のケースに
なってしまうことが良くあります。

 

今回お伝えした3つのことを上手く進めていけば
会社をソフトランディングさせることが可能です。
上手くいけば早い段階で経営改善・再建ができます。

 

どうしても継続が難しい場合でっあっても
焦らず余裕をもって対応できると思います。

 

資金繰りに疲れたと感じたら以下の3つの確認をしておけば
必ず役に立つし落ち着くことができると思います。

 

  • 資金があるうちに資金繰りの対処をする
  • 支払いを止める順番を間違わない
  • 社長が知っておくべき経営者保証ガイドラインのこと

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Torikura
1964年生まれ。大学院終了後、経営コンサル会社・不動産会社・会計事務所を経て独立するもあえなく失敗。独立資金1000万円を失う。経営は利益と資金がすべてであることを学ぶ。経営について1から学び2年間に2000冊以上の本を読破。独自の経営財務理論を極める。その後入社した資金繰りに苦しむアミューズメント会社の業績拡大に大きく貢献。独自の資金繰り・資金調達手法により売上倍増、借入金圧縮を実現する。さらに経営企画役員として新規事業・M&Aなどを成功に導く。M&Aの成功に伴い会社を退社して資金調達を支援するコンサルタントとして独立。自らの経験に基づき資金調達・資金繰りに悩む中小・零細企業の社長を支援する。 ■4A1枚の資料で資金繰りを改善しいつでも必要な資金を調達できる方法を教えます。■資金会計コンサルタント
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 最強の資金繰りプロ , 2019 All Rights Reserved.