経済産業省認定  経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号)

中小企業の資金繰り・資金調達情報

資金繰りの目的はどこにあるのか?

Torikura
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Torikura
1964年生まれ。大学院終了後、経営コンサル会社・不動産会社・会計事務所を経て独立するもあえなく失敗。独立資金1000万円を失う。経営は利益と資金がすべてであることを学ぶ。経営について1から学び2年間に2000冊以上の本を読破。独自の経営財務理論を極める。その後入社した資金繰りに苦しむアミューズメント会社の業績拡大に大きく貢献。独自の資金繰り・資金調達手法により売上倍増、借入金圧縮を実現する。さらに経営企画役員として新規事業・M&Aなどを成功に導く。M&Aの成功に伴い会社を退社して資金調達を支援するコンサルタントとして独立。自らの経験に基づき資金調達・資金繰りに悩む中小・零細企業の社長を支援する。 ■4A1枚の資料で資金繰りを改善しいつでも必要な資金を調達できる方法を教えます。■資金会計コンサルタント
詳しいプロフィールはこちら

資金繰りに苦労している経営者は多いです。

 

それだけに資金繰りについてはマイナスのイメージを
持っている人が多いのではないでしょうか。

 

資金繰りのあとに続くキーワードは
大変、苦しい、困ったなど
ネガティブな言葉を連想するのではないでしょうか。

 

資金が不足した場面で使われることが多いからか
資金手当てという意味が強いように思います。

 

ただ資金繰りの本来の目的は読んで字のごとく
資金を操ることですから必ずしもネガティブな
場面だけが資金繰りではありません。

 

むしろ成功している会社や成長している会社は
資金管理が厳しく資金繰りが上手くいっています。

 

目的を明確にしてその目的を達成するために
行動するから成果が得られのではないでしょうか。
やはり資金繰りに悩む会社は資金繰りの目的を正しく
理解することが重要であると思います。

 

それでは資金繰りの目的とは何であろうか?
資金繰りの目的について説明したいと思います。

 

 

資金繰りの意味


資金繰りの本来の意味は、資金の調達と運用です。
不足している資金を補うということではありません。

 

つまり資金を調達して効率よく運用し利益を出すことです。
会社の事業活動そのものと言えます。

 

資金繰りとはいかに効率的に経営を進めるかが重要です。
それは経営者の責任でもあります。

 

資金が不足して支払に苦労しているのは
資金繰りが上手くいっていない状態です。
この状態では資金繰りの中心は
資金調達になるので運用が滞ります。

 

運用を上手く管理するのが本来の経営ですから
資金繰りが上手くいっていない状態は経営が
非効率的で上手くいっていないということになります。

 

資金繰りを改善するということは
経営を改善することだと認識してください。

決して資金を調達してくること、お金を
借りてくることではありません。

 

穴のあいたバケツにいくら水を注入しても問題を
先送りするだけでは会社はいずれ倒産してしまいます。

 

多くの会社の社長は、金策に走りいずれ力尽きてしまいます。
経営を改善しなければ資金繰りは改善しないので
必要に応じて支払いを延滞させてでも先に
経営改善に着手してください。

 

 

社長の勘と目検討のどんぶり勘定が会社をダメにする


なぜ経営者は資金調達というネガティブな資金繰りに
没頭しなければならないのでしょうか。

 

ある程度の規模になれば経理・財務専門の
社員・役員を雇用して資金を管理することが可能です。
でも世の中の中小・零細企業ではそんな余裕はありません。
いいところ社長の奥さんが帳簿をつけてくれる程度です。

 

実際には経営者で社長自身が資金繰りをやらなければなりません。
でも社長は今まで経理や財務を学んできたことが
無いので、チンプンカンプンでわかりません。

 

ほぼ会計財務は放置状態で勘と記憶だよりの
どんぶり勘定まっしぐらです。

 

バブル時代は、KKD(勘・経験・度胸)経営が全盛でしたが
今でも中小零細企業の経営スタイルはこのKKDが中心です。

 

なんだかんだ上手く回っているうちはいいのですが、資金が
枯渇しくるといよいよ自転車操業の負のスパイラルです。

 

どこに問題があるかというと結局資金管理・資金繰りを
する人がいないということです。
顧問税理士にお願いしていてもあまり期待できません。

 

そもそも前月の試算表は社長にいつ届いていますか。
前月の試算表が翌月のせめて15日、できれば10日までに
見れないのであれば資金繰りなど管理できません。

 

経営や財務が安定しない会社では、資金繰りの目的が、資金調達に
限定されてしまうのは社長の財務知識の脆弱さによるところが大きいです。
だから社長には基本的な財務の知識が必要です。
(簿記の知識ではなく財務の知識である。)

 

 

資金繰りが上手くいっている会社は何をしているのか


まず決算の前に翌期の年度計画と1年間の資金繰り計画を作成します。
年次計画あるいは2~3年程度の経営計画を作成していることが多いです。
そこであらかじめ資金が不足する月を把握しており
6ヵ月以上前から銀行に融資の依頼をしている。

 

そしてその計画を常に随時修正し6ヵ月から
1年先を見定めた経営をしている。
そして効率的な資金運用を実現するため
日々経営改善に取り組んでいます。

 

つまり常に利益を追求し先に先に資金繰りを行っています。
常に先手となるので経営や資金に余裕が生まれるので
多少の経営環境の変化・不足の事態にも十分耐性を備えています。

 

資金繰りを積極的に行う会社は利益が安定し財務に強い会社です

 

資金繰りの目的は健全な経営の実現と
経営財務の強化であると言えます。

 

 

資金繰りの目的はどこにあるのか?のまとめ


多くの人は資金繰りの目的は
資金調達や金策であると答えるでしょう。
それはある意味では正しいと言えます。

 

現実にそうであることが多いからです。
ただ本来の資金繰りの目的は会社の成長発展のために
効率的な資金の調達・運用することであると思います。

 

そのために経営者である社長は
資金繰りの目的をもう一度明確にし何をすべきか
考えて自社の経営をしてもらいたいと思います。

 

何もせず経営環境にまかせて
上手くいく時代はとっくに終わりました。
中小零細企業の社長にも財務の知識が
必要な時代になりました。

 

しっかりと目的をもって資金繰りに
あたってください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Torikura
1964年生まれ。大学院終了後、経営コンサル会社・不動産会社・会計事務所を経て独立するもあえなく失敗。独立資金1000万円を失う。経営は利益と資金がすべてであることを学ぶ。経営について1から学び2年間に2000冊以上の本を読破。独自の経営財務理論を極める。その後入社した資金繰りに苦しむアミューズメント会社の業績拡大に大きく貢献。独自の資金繰り・資金調達手法により売上倍増、借入金圧縮を実現する。さらに経営企画役員として新規事業・M&Aなどを成功に導く。M&Aの成功に伴い会社を退社して資金調達を支援するコンサルタントとして独立。自らの経験に基づき資金調達・資金繰りに悩む中小・零細企業の社長を支援する。 ■4A1枚の資料で資金繰りを改善しいつでも必要な資金を調達できる方法を教えます。■資金会計コンサルタント
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 最強の資金繰りプロ , 2019 All Rights Reserved.