経済産業省認定  経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号)

中小企業の資金繰り・資金調達情報

売掛金が増加したときに資金繰りを改善する3つのコツ

Torikura
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Torikura
1964年生まれ。大学院終了後、経営コンサル会社・不動産会社・会計事務所を経て独立するもあえなく失敗。独立資金1000万円を失う。経営は利益と資金がすべてであることを学ぶ。経営について1から学び2年間に2000冊以上の本を読破。独自の経営財務理論を極める。その後入社した資金繰りに苦しむアミューズメント会社の業績拡大に大きく貢献。独自の資金繰り・資金調達手法により売上倍増、借入金圧縮を実現する。さらに経営企画役員として新規事業・M&Aなどを成功に導く。M&Aの成功に伴い会社を退社して資金調達を支援するコンサルタントとして独立。自らの経験に基づき資金調達・資金繰りに悩む中小・零細企業の社長を支援する。 ■4A1枚の資料で資金繰りを改善しいつでも必要な資金を調達できる方法を教えます。■資金会計コンサルタント
詳しいプロフィールはこちら

黒字倒産はなぜ起こるか?
知っていますか。

 

答えは売掛金が増加するからです。

 

売上が伸びることはいいことですが
それに伴って売掛金が増加すると
資金繰りが悪化します。

 

ではなぜ売掛金の増加で資金繰りに
悩む会社とそうでない会社があるのでしょうか。

 

今回は売掛金が増加しても資金繰りが
悪化しない会社を徹底して調べてみました。

 

すると似たようなことを徹底している
ことがわかってきました。

 

売掛金増加で資金繰りが悪化している
経営者のために資金繰り改善のコツとして
以下3つにまとめてみました。

 

  • 売掛金の早期回収を行う
  • 社内で早期回収の意識を高めて全社的に取り組む
  • 売掛金管理を徹底する

 

売掛金の早期回収を行う


売掛金の回収期間が長くなり売掛金残高が
増加すると資金繰りは悪化します。
反対に回収期間が短くなれば資金繰りは改善します。

 

理想は全額回収ですがほとんどの業種で商習慣上
売掛金が発生します。
だから売掛金の早期回収はとても重要で経営者自身も
気づいているはずなのですがなぜかほとんどの会社が
実践しておらず資金繰り悪化に苦しんでいます。

 

売掛金の早期回収のポイントは
既存取引先に対して売掛金の回収期間の短縮を要請する。

 

取引先とのパワーバランスがあると
思いますが提案してみましょう。
一度お願いして断られてやめてしまう会社が
多いのですが毎月とは言いませんが定期的かつ
継続的に伝えましょう。

 

また要請するときはただ回収期間の
短縮のみ伝えるのではなく
その理由を一緒に伝えましょう。

 

正直に資金繰りが厳しいので協力をお願いする
という理由でもいいと思います。

 

思ったより簡単に要請に応じてくることも
ありますのでぜひ試してみましょう。

 

 

社内で早期回収の意識を高めて全社的に取り組む


社長・営業・経理が全社的に
早期回収の意識をもって
取り組むことが大切です。
社長だけ一所懸命で他の社員が
知らないでは上手くいきません。

 

売掛金を早期に回収することを
全社員に徹底させなければなりません。
そのためには社内のルールを明確にして、
社員に対して広く周知させる必要があります。

 

営業担当者は社内の回収ルールを
取引先にしっかり伝え、回収を徹底します。
締日や支払条件を遵守した取引を実行します。
取引先にはしっかり支払期日を伝えます。

 

現金・売掛金・受取手形などの条件・ルールも
自社のルールに従った回収ができるように
取引先に協力してもらいます。

 

営業担当者によっては取引先の条件に
合わせてしまいがちですが、売上はすべての金額が
回収入金されて初めて自社の一連の業務が完結します。

 

いくら売上が計上されても回収されなければ
売上は0円といっしょです。
そしてその資金で給料や経費がまかなわれることに
よって会社は運営されています。

 

売掛金全額回収して業務が完結することを
営業担当者に認識させましょう。

 

 

売掛金管理を徹底する

掛金を回収予定日にしっかり入金してもらうためには、
社内で売掛金台帳の作成整理が重要になります。

それぞれの取引先の売掛金がいくらあり回収予定日はいつで、予定日に
回収できているのかいないのか、できていないのなら取引先に
催促していつ入金になるのか確認できているのかなど管理体制が
構築されリアルタイムで売掛金の状況が把握できるようにします。

 

また取引先ごとに与信取引額を決め
少数の取引先に偏向した取引は避けましょう。
大口の取引先の入金が悪化するとダイレクトに
その影響を受け自社の資金繰りが悪化します。

 

取引先が少数に集中しているのであれば
中長期的に取引先を増加させるなどの方法で
リスクを分散させていきましょう。

 

売掛金管理のポイント

  1. 各取引先別の売掛金台帳を作成する。
  2. 売掛金台帳をもとに取引先別に売掛金の状況を把握する。
  3. 取引先別に売掛金の年齢を調べる。(回収期間の短縮・不良債権処理)
  4. 社内で決めた与信限度の範囲で取引をする。
  5. 請求書の発行、集金は自社のルールに従い速やかに実施する。

 

売掛金の管理が上手くできていない会社は
回収予定日に入金がなくても放置されていることが
多く資金繰りを悪化させてしまいます。
しっかり売掛金の発生・回収まで管理を徹底しましょう。

 

 

与信管理の徹底

既存の取引先であっても業績が悪化して売掛金が延滞することがあります。
一度取引がスタートするとあまり取引先の与信状況を
確認しないことが多いのですがある程度大口の取引先に対しては
調査会社のレポートを取り寄せて確認しましょう。

 

新規の取引先に関しては決算書を提出してもらうか
調査会社に与信調査をしてもらい
業績に問題がある会社との取引は控えましょう。

 

既存新規に限らず業績が良くない会社との取引は、
延滞だけではなく不良債権化するのでリスクが高く
資金繰りを悪化させます。

 

そうならないためにも与信管理を徹依しましょう。

 

 

売掛金が増加したときに資金繰りを改善する3つのコツのまとめ


売掛金の残高が増加すると資金繰り悪化のリスクが高まります。
特に売掛金の延滞は自社の資金繰りに大きな影響を与えるので
しっかり管理しなくてはなりません。

 

売掛金の延滞などで資金繰りが悪化している場合は
以下の点に注意して資金繰りを改善してみてください。

 

  • 売掛金の早期回収を行う
  • 社内で早期回収の意識を高めて全社的に取り組む
  • 掛金管理を徹底する

 

社長が知りたい資金繰りのコツ

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Torikura
1964年生まれ。大学院終了後、経営コンサル会社・不動産会社・会計事務所を経て独立するもあえなく失敗。独立資金1000万円を失う。経営は利益と資金がすべてであることを学ぶ。経営について1から学び2年間に2000冊以上の本を読破。独自の経営財務理論を極める。その後入社した資金繰りに苦しむアミューズメント会社の業績拡大に大きく貢献。独自の資金繰り・資金調達手法により売上倍増、借入金圧縮を実現する。さらに経営企画役員として新規事業・M&Aなどを成功に導く。M&Aの成功に伴い会社を退社して資金調達を支援するコンサルタントとして独立。自らの経験に基づき資金調達・資金繰りに悩む中小・零細企業の社長を支援する。 ■4A1枚の資料で資金繰りを改善しいつでも必要な資金を調達できる方法を教えます。■資金会計コンサルタント
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 最強の資金繰りプロ , 2019 All Rights Reserved.