経済産業省認定  経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号)

中小企業の資金繰り・資金調達情報

やさしい資金繰り表の見方読み方

Torikura
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Torikura
1964年生まれ。大学院終了後、経営コンサル会社・不動産会社・会計事務所を経て独立するもあえなく失敗。独立資金1000万円を失う。経営は利益と資金がすべてであることを学ぶ。経営について1から学び2年間に2000冊以上の本を読破。独自の経営財務理論を極める。その後入社した資金繰りに苦しむアミューズメント会社の業績拡大に大きく貢献。独自の資金繰り・資金調達手法により売上倍増、借入金圧縮を実現する。さらに経営企画役員として新規事業・M&Aなどを成功に導く。M&Aの成功に伴い会社を退社して資金調達を支援するコンサルタントとして独立。自らの経験に基づき資金調達・資金繰りに悩む中小・零細企業の社長を支援する。 ■4A1枚の資料で資金繰りを改善しいつでも必要な資金を調達できる方法を教えます。■資金会計コンサルタント
詳しいプロフィールはこちら

今月は何とかなったと言う社長も多いと思います。

 

今月から資金繰りをしっかり管理しようと
資金繰り表を作成しても何をどのように
見たらよいがわからないと言うあなたのために
資金繰りをざっくり読んで経営に役立つ方法をお伝えします。

 

  • 資金繰り表から将来を読む
  • 資金繰り表から過去を見る
  • 資金繰り表から埋蔵金を見つけ出す

 

 

資金繰り表から将来を読む


すでに資金繰り表を作成していると言う前提でお話をします。
資金繰り表を作成してない場合は
まず資金繰り表の作成から始めてください。

 

この記事を読んでいるあなたは
社長か役員などの経営者だと思います。
日々様々な業務に追われなかなか時間を
確保することが難しいと思います。

 

また簿記や会計の知識がないので
専門的なことがわからないと
言う人も多いと思います。

 

この記事簡単に時間をかけず資金繰り表を
読むポイントをお伝えします。
過去の実績を分析することも重要ですが
やはり将来を予測し資金がショートしないことを
確認することがより重要です。

 

資金繰り表は資金の使途ごとに
経常収支・経常外収支・財務収支に
区分されています。

 

経常収支は本業の収支、経常外収支は本業以外の収支
固定資産などの設備投資もここに含まれます。
財務収支は銀行からの借入や返済の収支になります。

 

資金繰り実績表を読む順番としては上から

  • 資金残高を確認する
  • 経常収支を確認する
  • 経常外収支を確認する
  • 財務収支を確認する

 

順番にざっくり確認します。

 

まずこの先数ヵ月の現金残高に不足が
ないか確認をします。ここが重要です。

 

不足があればその原因を追究して資金を調達します。
早めに金融機関に相談することがポイントです。

 

○○の理由で●月頃資金が不足しそうです。
つきましては融資の相談をしたいみたいな感じです。
資料として資金繰り予定表を渡します。

 

資金繰り予定表の最大の目的は
資金ショートを事前に予測して
円滑に資金調達をすることだと思います。

 

経常収支・経常外収支・財務収支をさっと見て
気になるところはないか入出金のもれがないか
頭の中で思い出してみましょう。

 

他の収支で赤字の箇所はなぜ赤字なのか
黒字化できないかということを掘り下げて
検討してください。

 

どうしても予測数値はもれている項目や数字が
多くなりがちですがより正確で精緻な
資金繰り予定表の作成を目指しましょう。

 

 

 

 

 

資金繰り表から過去を分析する


将来のことが気になるのであまり過去の実績を
分析することは多くないと思います。
特に資金繰り表の実績を分析する社長は
少ないのではないでしょうか。

 

ただ過去の実績は経営の事実でもありますので
問題点があれば深堀していけば簡単に問題を
解決できる答えを見つけ出すことができます。

 

資金繰り実績表を読む順番としては上から

  • 資金残高を確認する
  • 経常収支を確認する
  • 経常外収支を確認する
  • 財務収支を確認する

 

順番にざっくり確認します。

 

資金残高のマイナス月を確認します。

続いて経常収支・経常外収支・財務収支の
収支状況を確認します。赤字は要チエックです。

 

次に経常収支を確認します。
本業に関連する現金収支なので重要です。
全体的に収入と支出の傾向を見ます。
上がっているのか下がっているのか現状維持かなど。
あんたの経営業績感覚とあっているか感じ取ります。

 

赤字の場合はその原因を追究します。
入金不足か過大支出か原因を突き止め
改善します。

 

つぎに経常外収支ですがここは本業以外の現金収支になります。
収入としては補助金や保険金解約、固定資産売却などの収入、
支出としては本業の仕入れや経費以外の支出になります。
主に固定資産の購入、貸付金など出金が影響します。

 

経常外収支は本業以外の収支なので
あまり注目されないのですが実は資金繰りに
大きく影響する支出が多いので社長は要チエックです。

 

特に支出項目は追跡調査してください。
本業にプラスになるのか、利益を生み出すのか
貸付金などはいつ戻るのかなどぜひ確認してみてください。

 

遊休資産や不良債権につながる勘定科目が
多いので注意してください。

 

最後に財務収支です。
ここは主に借入金の調達と返済になります。
財務収支は返済が順調であればマイナスになります。
経常収支の黒字が財務収支のマイナスをカバーできていれば
問題はありませんがカバーできていなかったりマイナスの場合は
手元の現預金を取り崩しているので注意してください。

本業での入金状況を確認してください。

 

逆に財務収支がプラスの場合は、資金調達されたことになります。
資金調達の理由や金額に問題はないか確認しましょう。

 

過去の分析について重要なことは
期首から確認時点までの現預金残高が減っていないか
というこを確認することです。
減っていればその原因を追求し対策を考えます。

 

 

 

資金繰り表から埋蔵金を見つけだす


この記事では埋蔵金は会社内に眠る現金化できる資産や
現金を生み出す負債のことをいいます。

 

【例】

  • 売上の売掛金などの掛取引を現金取引にする。
  • 経費などの現金支払を未払金などの掛取引にする。

 

資金繰り表から毎月の資金バランスがわかります。
資金不足なく経営ができていれば問題はありませんが
資金ショートが見込まれる場合や発生している場合は
原因を追究しなければなりません。

 

資金繰り表から入金・出金の問題点を見つけだし
貸借対照表の関連科目を精査しさらには実際の現場での
オペレーションや業務に問題がないか確認します。

 

比較的資金の滞留が起こりやすい勘定科目を
あげておきますので参考にしてください。

 

売掛金

一番現金が眠る勘定科目です。
売掛金は過去から継続的な条件で取引しているため
自社でコントロールするのは難しいと考える社長は
多いですが取引条件や取引先の見直せば現金が増えます。

 

 

仕入と在庫

仕入発注や在庫管理がずさんだと
多くの現金が眠ることになります。
中小企業の場合ほとんど発注のルール化はされて
おらず在庫管理・棚卸が実施されないケースも多い。

 

 

貸付金・前渡金など

貸付金などの流動資産への支出は返金されることはなく
不良債権化することが多くあります。
かなりの現金ロスになるのでぜひ適正な
支出を心がけれください。

 

 

 

まとめ:やさしい資金繰り表の見方読み方


やさしい資金繰り表の見方読み方について説明しました。
資金繰り表の実績と予定表を読むことにより社長・役員が
得られる情報はとても多いと思います。

 

私は見やすいように自分専用フォーマットで
1年先の資金繰り予定表を作成し毎日見ていました。
そしていつ資金がショートするのか6ヵ月前には
わかるようになりました。

 

資金繰りに追われることなく心に余裕ができることにより
資金がショートする前に何をしなければいけないのか
改善する方法はないのかなど明確にやるべきことが
わかるようになりました。

 

記事にすると複雑で面倒に見えますが慣れてくれば
10~15分早ければ5分程度でざっくり大まかな
チエックはできると思います。

 

資金繰り表を作成していないのであればぜひ作成してください。

 

資金繰り表を作成しているのであればぜひ毎日・毎週・毎月
チエックして経営に役立ってください。

 

あなたが定期的に資金繰り表を確認することによって
資金繰りは安定し将来の資金繰りの不安を解消することができます。

 

ぜひ試してみてください。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Torikura
1964年生まれ。大学院終了後、経営コンサル会社・不動産会社・会計事務所を経て独立するもあえなく失敗。独立資金1000万円を失う。経営は利益と資金がすべてであることを学ぶ。経営について1から学び2年間に2000冊以上の本を読破。独自の経営財務理論を極める。その後入社した資金繰りに苦しむアミューズメント会社の業績拡大に大きく貢献。独自の資金繰り・資金調達手法により売上倍増、借入金圧縮を実現する。さらに経営企画役員として新規事業・M&Aなどを成功に導く。M&Aの成功に伴い会社を退社して資金調達を支援するコンサルタントとして独立。自らの経験に基づき資金調達・資金繰りに悩む中小・零細企業の社長を支援する。 ■4A1枚の資料で資金繰りを改善しいつでも必要な資金を調達できる方法を教えます。■資金会計コンサルタント
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 最強の資金繰りプロ , 2020 All Rights Reserved.