経済産業省認定  経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号)

中小企業の資金繰り・資金調達情報

社長が知っておくべき資金繰りの基本【売掛金の見方】

Torikura
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Torikura
1964年生まれ。大学院終了後、経営コンサル会社・不動産会社・会計事務所を経て独立するもあえなく失敗。独立資金1000万円を失う。経営は利益と資金がすべてであることを学ぶ。経営について1から学び2年間に2000冊以上の本を読破。独自の経営財務理論を極める。その後入社した資金繰りに苦しむアミューズメント会社の業績拡大に大きく貢献。独自の資金繰り・資金調達手法により売上倍増、借入金圧縮を実現する。さらに経営企画役員として新規事業・M&Aなどを成功に導く。M&Aの成功に伴い会社を退社して資金調達を支援するコンサルタントとして独立。自らの経験に基づき資金調達・資金繰りに悩む中小・零細企業の社長を支援する。 ■4A1枚の資料で資金繰りを改善しいつでも必要な資金を調達できる方法を教えます。■資金会計コンサルタント
詳しいプロフィールはこちら

資金繰りを管理するために必要なことは
決算書や試算表の科目残高と対比しながら
現金の流れ、動きを把握していくことです。

 

この記事では資金繰りに影響を与える
売掛金について説明します。

 

資金繰りが苦手な社長は資金繰りと売掛金との
関係を理解して資金繰り管理に役立ててください。

それでは、次の順番で説明していきます。

 

  • 売掛金管理が資金繰りのポイントになる
  • 売掛金に注目して資金繰りを改善するためにやるべきこと
  • 売掛金の未回収には注意が必要である

 

 

売掛金管理が資金繰りのポイントになる


まず初めに売掛金について簡単に説明します
売掛金とは会社が商品やサービスを取引先に
提供し代金を掛け(後払い)にしたときに
発生する債権をいいます。

 

簡単に言うと商品やサービスを販売しても
入金が1ヵ月以上先になると言うことです。
飲食業などの現金商売を除いて一般的には
信用取引が行われています。

 

中小企業の場合,販売より商品や材料などの仕入れが
先行し買掛金の支払いの方が早くなります。
売掛金と買掛金の入金支払いサイトが
多少ずれているだけであれば資金繰りに影響はありません。
ただ売掛金のサイトが買掛金のサイトより
長くなっているので先行して支払いが発生し資金が不足します。

 

このサイトのタイムラグが経営を難しくするだけでなく
資金繰りを厳しくする原因となっています。

 

資金繰りを安定的させるためには
売掛金の管理がとても重要になります。
ただ中小企業の場合、売掛金をしっかり
管理できていない会社は多く資金が不足し
つねに資金繰りに悩まされています。

 

参照:売掛金が増加したときに資金繰りを改善する3つのコツ

 

 

売掛金に注目して資金繰りを改善するためにやるべきこと


資金繰りを管理するためには
売掛金の管理が重要であることを説明しました。

 

それでは資金繰りを改善するためには
どのようなことに注意すればよいのでしょうか。

 

 

回収サイトを知る

あなたの会社は販売先が数十社程度ありそれぞれの
回収条件が異なっていると思います。

売り上げた代金が翌月に全額回収できることは
無いのでまず回収サイトを知る必要がありあます。

 

Excelなどの表計算ソフトを利用して
売掛金の発生・回収・残高といった項目で
売掛金推移表を作成し回収状況を確認します。

 

すべての取引先を確認することが理想ですが
取引先の上位20%程度を把握すれば金額ベースの
80%以上を管理することができると思います。

 

作成した売掛金推移表から全体の回収サイトに
問題がないか確認しましょう。

  • 回収サイトが長く売掛金の入金が遅いなど。

 

販売先の見直し

売掛金推移表を作成し回収サイトを確認することによって
回収サイトが長く売掛金の滞留が多い取引先が見えてきます。
回収条件を改善するよう取引先と交渉します。

中小企業の場合、過去の取引期間や取引実績などから
なかなか条件を変更してもらえないというより
さまざまな理由で変更できない会社が多いようです。

 

ただ売掛金の回収サイトが長いということは裏を返せば
取引先の会社の資金繰りが厳しいということでもあります。
このような会社と取引してもあまりメリットがないだけでは
なく将来的に連鎖的な倒産に巻き込まれるリスクがあります。

 

そうならないためには条件変更に応じてくれない
取引先であれば思い切って取引先を見直しましょう。

回収条件や採算に問題がある取引先は切り捨て
回収条件がよく、利益率の良い取引先の売上を
地道に増やしていきましょう。

 

それだけで資金繰りは楽になります。

 

参照:売掛金が増加したときに資金繰りを改善する3つのコツ

 

 

 

売掛金の未回収には注意が必要である


回収サイトが長いだけではなく未回収となっている
売掛金には注意が必要です。中小企業の場合、売掛金管理が
適切に実施されない結果未回収の売掛金の存在に気づいていない
ことすらあります。

 

今この記事を読んでいるあなたは、他人に指摘されて
はじめて未回収の売掛金の存在を知ることのないように
気を付けてください。

 

決算書や試算表の売掛金残高は金額や・取引先だけではなく
いつ発生した売掛金かという発生時期も必ず確認してください。

 

実際に会社によって2~3年も回収されない売掛金があることも
多く、未回収の理由も不明ということもあるので注意しましょう。

 

未回収の不良債権があれば、それだけでも資金繰りが悪くなります。

 

回収サイトの長期化は、不良債権の始まりでもあります。
はじめての取引先だけではなく既存の取引先に対しても
つねに与信管理を徹底し、取引先の財務状況を把握してください。

 

不良売掛金の発生は、金額が大きければあなたの会社が
倒産に追い込まれる可能性が十分にあります。

 

中小企業の場合、与信調査をしていない会社も多くあります。
東京商リサーチや帝国データーバンクなどの与信調査を
活用してリスクを軽減しましょう。

 

与信管理の経費はケチらずしっかり調査しましょう。
地道な与信調査・管理が最終的に将来の資金繰りの
安定を約束します。

 

 

参照:売掛金が増加したときに資金繰りを改善する3つのコツ

 

 

まとめ


あなたは損益計算書の売上や利益の数値に注目
するだけで売掛金についてはあまり関心が
なかったのではないでしょうか。

 

でも資金繰りは売掛金の回収に大きく影響を受けます。
資金繰りが厳しくなる原因として売掛金の遅延や回収不能などが
あげられことも多くあります。

 

過去に見てきた倒産した会社の多くは、売掛金の入金延滞などの
焦げ付きが原因で資金繰りが悪化し倒産に至るケースです。

 

やはり資金繰りを安定させるためには、売掛金の管理がかかせません。

 

決算書や試算表の売掛金残高だけに注目するのではなく
内容を精査し管理し問題があれば早めに解決することで
資金繰りを安定させることを心がけてください。

 

参照:売掛金が増加したときに資金繰りを改善する3つのコツ

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Torikura
1964年生まれ。大学院終了後、経営コンサル会社・不動産会社・会計事務所を経て独立するもあえなく失敗。独立資金1000万円を失う。経営は利益と資金がすべてであることを学ぶ。経営について1から学び2年間に2000冊以上の本を読破。独自の経営財務理論を極める。その後入社した資金繰りに苦しむアミューズメント会社の業績拡大に大きく貢献。独自の資金繰り・資金調達手法により売上倍増、借入金圧縮を実現する。さらに経営企画役員として新規事業・M&Aなどを成功に導く。M&Aの成功に伴い会社を退社して資金調達を支援するコンサルタントとして独立。自らの経験に基づき資金調達・資金繰りに悩む中小・零細企業の社長を支援する。 ■4A1枚の資料で資金繰りを改善しいつでも必要な資金を調達できる方法を教えます。■資金会計コンサルタント
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 最強の資金繰りプロ , 2020 All Rights Reserved.