経済産業省認定  経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号)

中小企業の資金繰り・資金調達情報

社長が知っておくべき資金繰りの基本【買掛金の見方】

Torikura
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Torikura
1964年生まれ。大学院終了後、経営コンサル会社・不動産会社・会計事務所を経て独立するもあえなく失敗。独立資金1000万円を失う。経営は利益と資金がすべてであることを学ぶ。経営について1から学び2年間に2000冊以上の本を読破。独自の経営財務理論を極める。その後入社した資金繰りに苦しむアミューズメント会社の業績拡大に大きく貢献。独自の資金繰り・資金調達手法により売上倍増、借入金圧縮を実現する。さらに経営企画役員として新規事業・M&Aなどを成功に導く。M&Aの成功に伴い会社を退社して資金調達を支援するコンサルタントとして独立。自らの経験に基づき資金調達・資金繰りに悩む中小・零細企業の社長を支援する。 ■4A1枚の資料で資金繰りを改善しいつでも必要な資金を調達できる方法を教えます。■資金会計コンサルタント
詳しいプロフィールはこちら

社長が資金繰りを管理するときに注目してもらいたいのが
支払で大きな割合になる貸借対照表の買掛金です。

 

この記事では資金繰りに影響を与える
買掛金の管理や着眼点ついて以下の順番で説明します。

 

資金繰りに不安を感じている社長は
ぜひ参考にしてください。

 

  • 買掛金が資金繰りに与える影響
  • 仕入れ発注と在庫管理がネックになる
  • 買掛金管理の改善ポイント

 

参照:在庫増加による資金繰りの悪化を改善する方法

 

 

 

買掛金が資金繰りに与える影響


買掛金は主に原材料の仕入費用や
外注費など売上に連動する変動費です。

 

変動費は売上が増えれば比例して増えていきます。
一般的に売掛金を回収する前に買掛金支払いが
先行することが多く売上げが伸びる時期には
資金繰りが厳しくなります。

 

売上が増えていけば先行して仕入を増やします。
売掛金が回収される前に買掛金を支払うと
どうしても現金が不足することになります。

 

何らかの資金繰り対策をしておかないと
資金ショートの可能性が高まります。

 

具合的には

  • 取引先への支払いを遅らせる
  • 資金調達する

 

などの方法がありますが取引先に
協力してもらう前に普段から自社でできること
に取り組む必要があります。

 

  • 適正な仕入発注
  • 正確な在庫管理

 

仕入発注と在庫管理に注意する

買掛金による資金ショートを回避するためには
適正な仕入発注と正確な在庫管理の徹底です。

 

仕入発注や在庫管理に関して中小企業では
しっかりとできている会社は少ないように思います。
面倒でも地道に取り組めば業務は改善し資金繰りの
安定につながります。

 

適正な仕入発注

あなたの会社では適正な仕入発注が実施されているでしょうか。

仕入発注は主に一人の担当者に業務が任されているケースが目立ちます。
管理がゆるいと現場では誤発注や過剰発注ということがおこりがちです。

 

誤発注原因は1人発注体制でチェック機能がないことに起因します。
また過剰発注については発注担当者が品切れによる納期遅延を
恐れてどうしても多めに発注される傾向があります。

 

中小企業の場合、指示された業務改善は上手く進みません。
社長が自ら誤発注や過剰発注が発生しないような体制を
構築する必要があります。

 

また仕入や外注の単価が適正か取引先以外に
見積を取りチエックしましょう。
外注も内製化によるコストダウンを目指してください。
社長が具体的に指示しないかぎり仕入・外注単価は
放置されたままです。小さなことですが金額を下げる
ことを意識してみてください。(資金繰り安定のために)

 

 

正確な在庫管理

在庫管理ができていないずさんな企業の倉庫では
たくさんの余剰在庫が発生しています。
よく起こるのが在庫があるのに追加発注し
余剰在庫が増えてしまうことです。

 

また在庫の所在がわからず長期に利用されず
廃棄されてしまうことがあります。

 

余剰在庫は現金が社内に眠ることになります。
在庫廃棄ではロスが発生し棚卸資産が減少します。
(無駄な支出と同じことになります。)

 

 

上記で説明した仕入発注や在庫管理は日常業務の景色の中で
一見見過ごされがちな小さなことかもしれませんが
資金繰りに影響することなるので注意する必要があります。

 

 

参照:在庫増加による資金繰りの悪化を改善する方法

 

 

買掛金管理の改善ポイント


資金繰りの支出の中で買掛金はかなり大きな
部分を占めている会社が多いのではないでしょうか。

決算書や試算表から残高という部分でしかとらえませんが

発注→仕入→納品→支払→在庫というサイクルの中で

 

価格や管理が適正であるかどうかということを
定期的に確認し資金繰りへの影響に注意することが重要です。

 

サイクルの中で問題点がないか常に意識
してください。問題があれば先送りせず適正化・見直しする
ことが買掛金管理の改善ポイントになります。

 

具体的な改善ポイント

  • 仕入発注・在庫管理の確認見直し
  • 取引単価の見直し
  • 取引先の見直し

 

 

参照:在庫増加による資金繰りの悪化を改善する方法

 

 

 

まとめ


買掛金の管理や見方について説明してきました。
私が今まで見てきた中小企業の多くは
仕入発注して請求書が届いたらあまり中身を確認せず支払い
棚卸も決算前の年1回という会社が多かったと思います。

 

あなたの会社はどうでしょうか?

 

一見なにも問題もなく取引されているように見えますが
あなたが気づかないだけで実際には沢山の問題が内在して
いることがあります。

 

資金繰りが悪化してくると小さなことを見直す余裕がなく
なります。実際は小さな問題が資金繰りに影響することが
多いのですが。今回説明した買掛金管理についてぜひ一度
確認してみてください。

 

参照:在庫増加による資金繰りの悪化を改善する方法

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Torikura
1964年生まれ。大学院終了後、経営コンサル会社・不動産会社・会計事務所を経て独立するもあえなく失敗。独立資金1000万円を失う。経営は利益と資金がすべてであることを学ぶ。経営について1から学び2年間に2000冊以上の本を読破。独自の経営財務理論を極める。その後入社した資金繰りに苦しむアミューズメント会社の業績拡大に大きく貢献。独自の資金繰り・資金調達手法により売上倍増、借入金圧縮を実現する。さらに経営企画役員として新規事業・M&Aなどを成功に導く。M&Aの成功に伴い会社を退社して資金調達を支援するコンサルタントとして独立。自らの経験に基づき資金調達・資金繰りに悩む中小・零細企業の社長を支援する。 ■4A1枚の資料で資金繰りを改善しいつでも必要な資金を調達できる方法を教えます。■資金会計コンサルタント
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 最強の資金繰りプロ , 2020 All Rights Reserved.