経済産業省認定  経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号)

中小企業の資金繰り・資金調達情報

社長に資金繰り表が必要である3つの理由

Torikura
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Torikura
1964年生まれ。大学院終了後、経営コンサル会社・不動産会社・会計事務所を経て独立するもあえなく失敗。独立資金1000万円を失う。経営は利益と資金がすべてであることを学ぶ。経営について1から学び2年間に2000冊以上の本を読破。独自の経営財務理論を極める。その後入社した資金繰りに苦しむアミューズメント会社の業績拡大に大きく貢献。独自の資金繰り・資金調達手法により売上倍増、借入金圧縮を実現する。さらに経営企画役員として新規事業・M&Aなどを成功に導く。M&Aの成功に伴い会社を退社して資金調達を支援するコンサルタントとして独立。自らの経験に基づき資金調達・資金繰りに悩む中小・零細企業の社長を支援する。 ■4A1枚の資料で資金繰りを改善しいつでも必要な資金を調達できる方法を教えます。■資金会計コンサルタント
詳しいプロフィールはこちら

資金繰りが苦しくなる原因は会社によってさまざまです。

ただ資金繰りが苦しくなる原因を社長が
追求できない原因はたった一つです。

 

資金繰り表を作成していないからです。

 

資金繰り表を作成することによって資金を管理すれば
資金繰りは確実に改善します。

 

これは自分自身が経験したことなので
自信をもっていえます。

 

特に中小企業の場合、資金繰りが苦しいと言いながら
なぜ資金繰り表を作成しないのか理解に苦しみます。
ぜひ資金繰り表を作成することをおすすめします。

 

この記事では資金繰り表の必要性について
以下の順番で説明したいと思います。

 

  • 資金ショートのタイミングを知ることができる
  • 資金繰り悪化の要因を知ることができる
  • あなたの会社に対する銀行の評価があがる

 

 

資金ショートのタイミングを知ることができる


資金繰り対策は資金がショートするタイミングを知り
資金がショートしないように資金調達することです。
資金ショートするタイミングがいつになるのかが重要な
対策ポイントになります。

 

どのような対策を取れるかは、資金ショートまでの期間に
左右されます。

 

資金繰り表は資金ショートのタイミングを予測する
ことができます。

 

あなたが資金繰りで不安になるのはいつ資金繰りが
ショートするかわからないからです。

 

まずは正確な資金ショートのタイミング予測が必要となります。
資金繰り表を作成し資金ショートのタイミングを把握しましょう。

 

 

資金繰り悪化の要因を知ることができる


資金繰りがあなたの頭にあるだけでは、資金繰り悪化の原因を
把握することはできません。

実効性のある具体的な対策をたてることもできません。
数値により見える化することによってはじめて
検証や検討が可能になります。

 

収入・支出の内容や予測数値を資金繰り表に落とし込み
見える化することによってあなたの頭に中にあったさまざまな要因が
アウトプットされ多くのことに気づかされます。

 

気づきによって資金繰り悪化の原因を
知ることができます。

 

またあなたが原因に気づくことによって実効性のある
具体的な資金繰り対策の検討に入ることができるのです。

 

 

あなたの会社に対する銀行の評価があがる


資金繰り表をしっかり整備している中小企業は多くはありません。
私が企業で財務担当者であった頃、融資資料として資金繰り表を
提出するととても喜ばれました。担当者が作成する手間が省けるからです。
会社が資金繰り表を作成していない場合は、銀行の担当者が決算書や試算表から
資金繰り表を作成していることを知っておく必要があります。

 

銀行が融資取引先を管理するためには資金繰り表が最重要資料と言えます。
一般的に資金繰り表を作成している会社を銀行は高く評価します。
またさまざまな局面で銀行交渉時の重要な資料になるのが資金繰り表です。

 

銀行の担当者は、資金繰り表などの管理資料がしっかりしている会社は
資金管理が整備され貸し倒れリスクが低いことを経験的に知っています。

 

いずれにしろ資金繰り表を作成する会社の銀行の評価は上がります。

 

銀行の評価があがれば銀行融資を受けやすくなるということです。

銀行融資による資金調達が円滑にできれば資金繰りは安定します。

 

 

まとめ


資金繰り表の必要性について3つの理由を説明しました。

  • 資金ショートのタイミングを知ることができる
  • 資金繰り悪化の要因を知ることができる
  • 銀行の評価があがる

 

資金繰りが安定していても・悪化していても
資金繰り表を作成する会社は多くありません。

 

困った・大変だ・厳しいなどの声をよく聞きますが

では資金繰り表を見せてくださいという質問には

・・・・・・・(沈黙)

とにかくなんとかし欲しい気持ちはわかりますが
資金繰り表がなければ何も始まりません。

資金繰り表の必要性を理解いただき
ぜひ資金繰り表を作成してください。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Torikura
1964年生まれ。大学院終了後、経営コンサル会社・不動産会社・会計事務所を経て独立するもあえなく失敗。独立資金1000万円を失う。経営は利益と資金がすべてであることを学ぶ。経営について1から学び2年間に2000冊以上の本を読破。独自の経営財務理論を極める。その後入社した資金繰りに苦しむアミューズメント会社の業績拡大に大きく貢献。独自の資金繰り・資金調達手法により売上倍増、借入金圧縮を実現する。さらに経営企画役員として新規事業・M&Aなどを成功に導く。M&Aの成功に伴い会社を退社して資金調達を支援するコンサルタントとして独立。自らの経験に基づき資金調達・資金繰りに悩む中小・零細企業の社長を支援する。 ■4A1枚の資料で資金繰りを改善しいつでも必要な資金を調達できる方法を教えます。■資金会計コンサルタント
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 最強の資金繰りプロ , 2020 All Rights Reserved.