経済産業省認定  経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号)

中小企業の資金繰り・資金調達情報

銀行が欲しがる資金繰り計画書の書き方

Torikura
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Torikura
1964年生まれ。大学院終了後、経営コンサル会社・不動産会社・会計事務所を経て独立するもあえなく失敗。独立資金1000万円を失う。経営は利益と資金がすべてであることを学ぶ。経営について1から学び2年間に2000冊以上の本を読破。独自の経営財務理論を極める。その後入社した資金繰りに苦しむアミューズメント会社の業績拡大に大きく貢献。独自の資金繰り・資金調達手法により売上倍増、借入金圧縮を実現する。さらに経営企画役員として新規事業・M&Aなどを成功に導く。M&Aの成功に伴い会社を退社して資金調達を支援するコンサルタントとして独立。自らの経験に基づき資金調達・資金繰りに悩む中小・零細企業の社長を支援する。 ■4A1枚の資料で資金繰りを改善しいつでも必要な資金を調達できる方法を教えます。■資金会計コンサルタント
詳しいプロフィールはこちら

円滑に銀行から融資を受けるためには
決算書や試算表のほか事業計画書、損益計画書等のほかに
資金繰り計画書あるいは資金繰り予定表の提出が必要です。

 

ただ中小企業の場合、資金繰り表を
作成していない会社が多くあります。
それだけに資金繰り計画書の作成に
あまりなじみがない社長も多いのでは
ないでしょうか。

 

銀行が注目するのはずばり将来の資金繰りです。
資金繰り計画書とも言われます。

 

 

この記事では融資審査で必ず必要になる
資金繰り計画書の作成ポイントについて
説明します。

 

以下の順番で説明していきます。

 

  • 資金繰り計画書の内容
  • 資金繰り計画書作成の準備
  • 資金繰り計画書作成のポイント

 

資金繰り計画書の内容


資金繰り計画書と言っても特別な表ではなく
資金繰り表のことだと思ってください。

 

単純に将来の資金繰りを予測した資金繰り表です。
資金繰り表を初めて見るあるいは
初めて作成すると言う方も多いと思います。

 

資金繰り表の構成について簡単に説明しておきます。
資金繰り表のフォーマットはいろいろなパターンが
ありますが日本政策金融公庫のフォーマットがわかりやすいので
日本政策金融公庫の資金繰り表のフォーマットをもとに説明します。

 

 

資金繰り表は現金の入金と出金を記入した表です。
現金を3つの区分に分類します。

  • 経常収支
  • 経常外収支
  • 財務収支。

 

経常収支

経常収支は本業に関わる現金収支です。
損益計算書に近いイメージです。

 

経常外収支

経常外収支は本業以外の現金収支になります。
貸付金とか仮払金などが該当します。
設備投資などの固定資産等の購入・売却も
経常外収支に記入します。

 

財務収支

財務収支は借入金の入金や返済になります。
銀行の融資取引が反映される項目です。

 

 

現金収支の区分を分類することによって
現金過不足の要因が明確になります。
どの部分で収支バランスが崩れているかに
よって資金繰りの対策方法が変わります。

 

経常収支であれば本業の営業状態や
大きな販管費支出がないかなどを確認します。
経常外収支であれば本業以外の科目を確認します。
財務収支については融資と返済について確認します。

 

下記の資金繰り表の図を見るとわかりやすいと思います。

日本政策金融公庫ホームページより引用

 


入出金実績を記入することにより
現在の現金残高を確認しそこから
将来の数値を予測していきます。

 

 

金繰り計画書は資金繰り表に予測値を入力し
将来の資金残高を予測することに利用します。

 

資金繰り実績表と資金繰り計画書は同じ書式になります。
記入される数値が過去の実績値か、将来の予測値かの
違いだけです。

 

資金繰り計画書は将来の経営や資金の状態
を反映した資金繰り表と理解してください。

 

 

資金繰り計画書の作成準備


資金繰り計画書を作成するためにどんな準備が必要になるのでしょうか。
まず初めに資金繰り予測をするために過去の実績資料を準備します。
現金・預金の入金・出金がわかる資料を準備します。

 

  • 預金通帳記録(通帳)
  • 現金出納帳
  • 月次試算表
  • 決算書
  • 納税通知書
  • 借入返済予定表

などの書類を準備しておくとスムーズに
作成ができます。


いきなり資金繰り計画書を作成するのは
難しいのでまず資金繰り実績表を作成して
まいましょう。

 

資金繰り実績表を作成し自社のおおまかな入出金状況を
把握することによって予測が立てやすくなります。
まず資金繰り実績表を作成してみてください。
そこからさらに実績をベースに将来を予測して
資金繰り計画書を作成していきます。

 

参照:資金繰り表の作り方【売上2億までの中小企業の社長必見】

参照:日本政策金融公庫の資金繰り作成表記入例を参考にする。

 

資金繰り表や資金繰り計画書を簡単に
作成するためには日々の会計処理が重要になります。

 

理想としては月次決算をしていることがベストです。


月次決算をしていなくても資金繰り計画書を
作成することは可能ですが少し手間がかかります。
また月次決算をすると正確な数値を資金繰り計画書に
反映できるので月次決算をすることをおすすめします。

 

 

資金繰り計画書作成のポイント


作成のポイントはまず資金繰り実績表を作成することです。
資金繰り実績表を作成できれば資金繰り計画書は
簡単に作成することができます。

 

現金・預金の入金・出金を拾い出し
集計した金額を科目別に記入します。
決算書や試算表からだけでは拾い出せないので

  • 預金通帳記録(通帳)
  • 現金出納帳

さらには

  • 納税通知書
  • 借入返済予定表

などから数字を集計します。

 

次に資金繰り実績表を作成するポイントを
項目別に説明します。

 

 

売上入金

売上に入力する金額は入金額を記入します。
売上が全て現金であれば問題ありませんが
売掛金が発生する場合は売掛金の入金額を入力します。

 

会社によっては売掛金の管理がずさんであったり
あるいは全く管理されていないことがあります。

 

今月あるいは数カ月先にいくら入金予定なのか
把握できなければ資金繰りを管理することはできません。

 

売掛金の発生・入金管理をはじめましょう。

 

仕入原価

仕入原価についても支出した金額を入力します。
仕入原価についても会計の基準にとらわれず
支出した金額を入力します。

 

資金繰り表の予定表の金額としては
過去3~6ヶ月の実績値を求め平均金額を入力して
おくと良いでしょう。

 

現金払いの仕入れと発生ベースの買掛品が
混在していることも多くあると思いますが
あくまでも現金で支払った金額を集計してください。

 

仕入の買掛金や外注費の未払金も
台帳を作成し、しっかり管理しておく必要があります。
支払時期と支払金額の予定を管理し常に支払い可能額を
確認しておくことが重要です。

 

販売管理

販売管理費についても現金出金した科目を入力します。
減価償却費等の出金を伴わない経費項目は除外します。
10万円未満の事務機器等は消耗品として計上し
大型の固定資産は別項目を設け設備投資資金として計上します。

 

給料については支給額を計上し
社会保険料や源泉税の預り金は別途支出項目を設けて
支払月に合わせて計上すると出金が管理しやすくなります。

 

営業外収支や税金

仕入原価や販売管理費のほかに支出する項目としては
営業外収支である受取利息や支払利息等があります。
その他にも税金等の支払いが発生します。
営業外収支や税金等は意外と資金繰り表から
もれやすいのでしっかり把握してください。

 

細かい数値を入れ込むことによって
より正確な資金残高を知ることができます。

 

特に税金については集計してみるとわかりますが
項目も多く金額も意外に大きいので注意が必要です。

  • 税金申告書
  • 納税通知書

などを確認して金額や支払時期を
確認しましょう。

 

 

まとめ


結論は資金繰り計画書を
作成しましょうということです。

 

特に銀行との融資取引をしている
あるいは予定している方は
必ず資金繰り計画書を提出してください。

 

資金繰り計算書をはじめて作成する
方も少なくないと思います。

 

資金繰り表や資金繰り計画書には
決められたフォーマットはありません。

 

一般的に普及している標準のフォーマットは
簿記や経理知識がないと少し見にくいかも
しれないのであなたが見やすい仕様に
どんどん変更しましょう。

 

つかい安さ優先でいきましょう。

 

銀行員であれば決算書や試算表から
資金繰り予定表を作成することが
できるので
もしかすると資金繰り表実績表や予定表の提出を
銀行から求められることが
ないかもしれません。

 

でも実務経験上資金繰り実績表・予定表を
提出すると、とても喜ばれました。

 

銀行が一番欲しがる資料だと思います。

 

資料として銀行から資金繰り予定表の提出を
求められなくても私自身は必ず提出していました。

 

資金繰り予定表を作成しておくと銀行の評価は高まります。

資金管理がしっかりしているという印象を受け
融資審査でもメリットがありました。

 

何よりも双方で資金繰りの状況を詳細に共有できたのは
とても大きく資金調達や融資の交渉は常に円滑にすすめる
ことができました。

 

直資金繰り実績表や資金繰り計画書を作成するのは
正直面倒ですし手間です。

最初は正確な表が作成できないかもしれません。

 

それでも継続することで表は精緻化していきます。
かなり正確に将来の資金繰りを把握することができ
事前に資金不足の危険を察知できるようになります。

 

だからさまざまな対策を講じられだけではなく
銀行への相談を通じて円滑な資金調達ができるので
あなたの不安はかなり解消されます。

 

将来の資金繰りの心配を解消して
経営に専念してください。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Torikura
1964年生まれ。大学院終了後、経営コンサル会社・不動産会社・会計事務所を経て独立するもあえなく失敗。独立資金1000万円を失う。経営は利益と資金がすべてであることを学ぶ。経営について1から学び2年間に2000冊以上の本を読破。独自の経営財務理論を極める。その後入社した資金繰りに苦しむアミューズメント会社の業績拡大に大きく貢献。独自の資金繰り・資金調達手法により売上倍増、借入金圧縮を実現する。さらに経営企画役員として新規事業・M&Aなどを成功に導く。M&Aの成功に伴い会社を退社して資金調達を支援するコンサルタントとして独立。自らの経験に基づき資金調達・資金繰りに悩む中小・零細企業の社長を支援する。 ■4A1枚の資料で資金繰りを改善しいつでも必要な資金を調達できる方法を教えます。■資金会計コンサルタント
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 最強の資金繰りプロ , 2020 All Rights Reserved.