経済産業省認定  経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号)

資金繰り/運転資金のことなら

社長が知っておくべきノンバンクの活用法

 
この記事を書いている人 - WRITER -
有限会社ラインドック代表取締役/プロが集まる公式LINE集客研究所「PROL」運営/経済産業省認定 経営革新等支援機関レグルス経営研究所代表
詳しいプロフィールはこちら

あなたは、ノンバンクについて知っていますか?

中小企業の社長なら一度は耳にしたことはあるのではないでしょうか。

あまり良い印象を持っていない方も多いと思います。

でもイメージが先行してしまい具体的な業務については
よく知られていません。

 

実は法律の改正や業界の取組みによって
貸金業法の適用を受けるノンバンクは大きく
変わり安心して利用できる業者が増えています。

 

貸金業法の概要については貸金業法を参考にしてください。

 

 

資金繰りや・資金調達の不安を考えると
しっかりノンバンクの特徴を理解して利用すれば
会社にとってもあなたにとってもプラスになることは
少なくありません。

 

今回はノンバンクにはどんな特徴があるのかを
社長が知っておくべき知識としてまとめてみました。

 

ノンバンクとは


ノンバンクとは文字通り銀行ではない金融機関と言えます。

ノンバンクは、預金業務や為替業務などを行わずに
融資業務を行っている会社です。

 

一般的にノンバンクと呼ばれている会社は

  • 消費者金融会社
  • 信販会社
  • クレジットカード会社
  • リース会社

 

などがあります。

 

またノンバンクという言葉は、貸金業法に基づいて
設立された各種会社の総称として使用されています。

 

銀行は銀行法に基づいて設立された金融機関です。

 

ノンバンクが登録貸金業者であるかどうかは
金融庁のホームページから確認できます。

 

 

個人向けには消費者金融会社の無担保ローンが利用されますが
事業者向けには有担保型の

  • 不動産担保融資
  • 売掛債権担保融資(ファクタリング)

 

が中心に利用されています。

 

ノンバンク融資の特徴

 

ノンバンクには総量規制がある

貸金業法が適用されるノンバンクの融資には
総量規制が適用されます。

総量規制とは、個人の借入総額は原則として
年収の1/3までに制限されます。

 

ただし事業用資金は対象外となります。

貸付けの契約には「個人向け貸付け」「個人向け保証」「法人向け貸付け」「法人向け保証」の
4種類があります。
その中で、総量規制の対象となるのは、「個人向け貸付け」のみであって、法人向けの貸付けと保証、また個人向けであっても個人向け保証については総量規制の対象にはなりません。
総量規制の対象となる「個人向け貸付け」とは、個人がお金を借り入れる行為のことです。

ただし、個人が事業用資金として借入れる場合は、原則として総量規制の対象とはなりません。

 

 

ノンバンクの金利は高い

無担保型・有担保型のどちらの融資も
銀行に比べると金利は高くなります。

 

事業の業績や与信情報が悪くても融資を受けやすい
銀行に比べると与信情報が悪くても
資金を借りることができる。
銀行で借りられない場合でもノンバンクに
相談してみましょう。

 

融資までの期間が短い

銀行に比べると審査・実行までの期間が短く
即日融資に応じる会社もある。
資金繰りが厳しく緊急の資金調達が
必要な場合はとても重宝します。

 

 

 

ノンバンクの利用で注意しなければいけないこと


ノンバンクを利用するときは、資金繰りなどが厳しく
緊急に資金が必要であるが銀行などの金融機関の
融資が間に合わないもしくは融資をしてくれないような
状況が想定されます。

 

このような状況で注意しなければいけないことは
返済のための借入を目的としないことです。

 

返済のための資金調達は、自転車操業となり
どこかで行き詰ります。借入金が膨らむだけで
問題の先送りにしかなりません。

 

ノンバンクの借入金は高金利なので借入期間が延びれば
短期間で元利金が膨らみ経営を圧迫することになります。

 

 

ノンバンクからの借入のポイントは

  • 借入総額を抑える
  • 短期で返済できる資金として活用する(短期借入金)
  • 決算までに返済する(決算書に残高がのると銀行の評価が低下する恐れがある)

 

 

まとめ2


中小企業の場合、銀行などの取引先金融機関が
常に安定した資金をタイミングよく供給してくれるとは
限りません。

 

緊急性のある資金が必要になったときに
資金調達先の選択肢として考えておくことが
リスクヘッジになります。

 

ノンバンクを利用するときは、安心して取引ができる
取引会社を見極めて短期資金に限定して取引することが
重要です。

 

可能であれば事前に緊急時の取引先として
ノンバンクを見つけておき与信などを済ませておくと安心です。
(必要がなければ借入する必要はありません。)

 

定期的に情報交換をしておくと銀行では提供されない
ような資金調達ノウハウや資産活用法などを教えて
もらえることもあります。

 

私自身、ノンバンクに対するイメージとして

高利貸し・厳しい取り立て

など映画やドラマの世界で創られたイメージが
強くあり悪い印象しか持っていませんでした。

 

でもそれは今は昔で法律が整備され大きく変わりました。
(違法な業者は今も存在するので注意は必要です。)

 

実際にノンバンクの方と話をしたり情報交換を
する機会が増えましたが普通の会社のサラ―リマンという
感じで対応も好感が持てるものでした。(当たり前の話ですが)

 

情報交換をする中で気が付いたのですが
銀行にはない中小企業に役立つ資金調達の実践的なノウハウを
たくさんもっているということです。

 

ここではノウハウを公開できませんが
中小企業のとってはとても有益なノウハウです。

 

あなたが資金繰りや資金調達で困った時は
必要に応じてノンバンクを利用することも選択して
検討しても良いと思います。

 

 

ノンバンクの取引先を探すときには金融庁のホームページで
正規の登録業者か確認してください。

 

登録貸金業者情報検索サービス(金融庁)

 

また違法・悪質業者の提供模していますので
参考にしてください。

 

違法な金融業者にご注意!(金融庁)

 

LINEであなたもできるスタートアップ

この記事を書いている人 - WRITER -
有限会社ラインドック代表取締役/プロが集まる公式LINE集客研究所「PROL」運営/経済産業省認定 経営革新等支援機関レグルス経営研究所代表
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 最強の資金繰りプロ , 2021 All Rights Reserved.