経済産業省認定  経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号)

中小企業の資金繰り・資金調達情報

社長が知っておくべき3つの資金調達方法

Torikura
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Torikura
1964年生まれ。大学院終了後、経営コンサル会社・不動産会社・会計事務所を経て独立するもあえなく失敗。独立資金1000万円を失う。経営は利益と資金がすべてであることを学ぶ。経営について1から学び2年間に2000冊以上の本を読破。独自の経営財務理論を極める。その後入社した資金繰りに苦しむアミューズメント会社の業績拡大に大きく貢献。独自の資金繰り・資金調達手法により売上倍増、借入金圧縮を実現する。さらに経営企画役員として新規事業・M&Aなどを成功に導く。M&Aの成功に伴い会社を退社して資金調達を支援するコンサルタントとして独立。自らの経験に基づき資金調達・資金繰りに悩む中小・零細企業の社長を支援する。 ■4A1枚の資料で資金繰りを改善しいつでも必要な資金を調達できる方法を教えます。■資金会計コンサルタント
詳しいプロフィールはこちら

資金調達や資金繰りに
日々悩まされている社長さん
多いのではないでしょうか。

 

会社の資金が不足するから
資金調達が必要になります。

 

 

社長さんの認識としては

資金調達=銀行

と考えていると思います。

 

それはそれで正しいのですが
実は他の方法もあります。

 

まずは資金調達の全体像を
理解してみましょう。

 

 

資金調達の全体像を
知ることにより
資金調達の選択肢が増え
資金調達を円滑に進める
ことができます。

 

 

以下資金調達の全体がわかるよう
まとめてみました。

 

  • 融資による資金調達
  • 助成金・補助金による資金調達
  • 出資等による直接金融を利用した資金調達

 

 

融資による資金調達


資金調達と言えば融資が
一般的で次のような方法があります。

 

 

 

親兄弟、親族、親類からの借入

手軽な資金調達ですが
トラブルが多いのも事実です。

 

 

また高額の資金調達も
期待できせんし管理も大変です。

 

 

書面を交付してトラブルに
ならないよう管理しましょう。

 

 

日本政策金融公庫の活用

民間金融機関に比べ
中小・零細企業に積極に
融資をしています。

 

でもうちの会社じゃあと
思っている社長さんが多いと
思いますが業績が悪くても
活用できる制度など
さまざまな融資制度が
ありますのでまずは相談
してみましょう。

 

 

日本政策金融公庫への相談はコチラから

 

 

信用保証付きの融資を活用する。(金融機関が融資する。)

信用保証協会の債務保証をしてもらい
融資を受けることができます。
信用保証協会に保証料を支払い
保証人になってもらいます。

 

 

中小・零細企業向けの民間金融機関の
融資のほとんどは信用保証付きの
融資になっています。

 

 

今まで日本政策金融公庫だけ
利用していた社長さんは
検討してみましょう。

 

 

信用保証協会へのご相談はコチラから

 

 

民間金融機関からのプロパー融資

中小・零細企業の社長さんは
日本政策金融公庫や
信用保証付きの融資を
活用していると思います。

 

プロパー融資とは
信用保証協会の債務保証を付けず
直接銀行が融資すること。

 

 

事業の実績があり
業績が良ければ
取引先金融機関を
拡大してみましょう。

 

 

なかなか敷居が高い
ところもありますが
資金調達の幅が広がるので
チャレンジしてみましょう。

 

 

銀行から融資してもらっていると
思っている社長さん多いと思いますが
ほとんどが保証協会の信用保証が
ついていると思います。
一度確認してみてください。

 

 

ノンバンクからの融資

社長さんであればノンバンクは金利が
高いので利用しない方がよいと
わかると思います。

 

ただ、資金繰りが厳しくなると
使用する社長さんが多いのも
事実です。

 

 

ノンバンクとは
預金業務を行わず銀行から資金を
融資してもらい貸付業務を行う金融機関。

 

 

この場をなんとかすればという
思いからかもしれませんが
借入資金が増えれば金利が資金繰りを
圧迫するので注意してください。

 

 

補助金・助成金による資金調達

返済不要である補助金・助成金は
とても魅力的です。

 

でも中小・零細企業の社長さん自身
どんな補助金・助成金があるのか
わからないと思います。

 

 

そんな時は下記のサイトで
自分の会社に合う補助金・助成金を
探してみてください。

 

補助金・助成金ヘッドライン

 

 

申請や手続きは煩雑なので
税理士・行政書士・社会保険労務士などの
専門家に依頼するのがおススメです。

 

 

補助金・助成金制度は大きく
分けると次のようになります。

 

  • 研究開発・ものづくりの補助金・助成金(経済産業省が多い)
  • 雇用・能力開発の補助金・助成金(厚生労働省が多い)

 

 

研究開発・ものづくり系の補助金・助成金は
事業の創造性などをポイントに審査をします。
全てが採択されるわけではありませんが
採択率は20%以下です。

 

 

雇用・能力開発系の補助金・助成金は
受給条件が厳しく決められており
クリアしなければもらえません。

 

 

少し大変ですがもらえると
資金繰りにはプラスになります。

 

会社にあった補助金・助成金
を探してみてください。

 

 

出資等による直接金融を利用した資金調達


中小・零細企業では直接金融による
資金調達は少ないと思いますが
知識として覚えておいてください。

 

 

直接金融とは
個人投資家などが保有する資金を
会社に出資などで直接提供することです。

 

 

中小・零細企業では
社長さんや奥さんなどの
親族が出資してオーナーに
なっているので第三者が
出資者になるのはなじみにくい
ところがあります。

 

 

代表的な資金調達方法を
あげておきます。

 

 

  • ベンチャーキャピタルからの資金調達
  • 個人投資家からの資金調達
  • 少人数私募債による資金調達

 

 

 

まとめ:社長が知っておくべき3つの資金調達方法


中小・零細企業の社長さんは
会社の資金が不足するときに
資金を調達しなければなりません。

 

 

資金不足で支払いができなければ
会社は倒産してしまいます。

 

 

でも実際には
中小・零細企業の資金調達は
非常に限られているのが
悩ましいところです。

 

主な資金調達の方法は
融資になります。

 

 

社長さんにとっての資金調達は

ほぼ

  • 日本政策金融公庫の融資
  • 信用保証協会の保証付き融資

 

でありこの2つを上手く活用し
必要に応じて攻略するのが
資金調達の鉄則と言えます。

 

銀行のプロパー融資という
選択もありますが業績が良い
会社以外は厳しい現状があります。

 

 

資金調達に不安のある社長さんは
日本政策金融公庫の融資と
信用保証付の融資をうまく活用する
ことを考えてみましょう。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Torikura
1964年生まれ。大学院終了後、経営コンサル会社・不動産会社・会計事務所を経て独立するもあえなく失敗。独立資金1000万円を失う。経営は利益と資金がすべてであることを学ぶ。経営について1から学び2年間に2000冊以上の本を読破。独自の経営財務理論を極める。その後入社した資金繰りに苦しむアミューズメント会社の業績拡大に大きく貢献。独自の資金繰り・資金調達手法により売上倍増、借入金圧縮を実現する。さらに経営企画役員として新規事業・M&Aなどを成功に導く。M&Aの成功に伴い会社を退社して資金調達を支援するコンサルタントとして独立。自らの経験に基づき資金調達・資金繰りに悩む中小・零細企業の社長を支援する。 ■4A1枚の資料で資金繰りを改善しいつでも必要な資金を調達できる方法を教えます。■資金会計コンサルタント
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 最強の資金繰りプロ , 2020 All Rights Reserved.