経済産業省認定  経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号)

中小企業の資金繰り・資金調達情報

中小・零細企業が知らない資金調達のこと

Torikura
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Torikura
1964年生まれ。大学院終了後、経営コンサル会社・不動産会社・会計事務所を経て独立するもあえなく失敗。独立資金1000万円を失う。経営は利益と資金がすべてであることを学ぶ。経営について1から学び2年間に2000冊以上の本を読破。独自の経営財務理論を極める。その後入社した資金繰りに苦しむアミューズメント会社の業績拡大に大きく貢献。独自の資金繰り・資金調達手法により売上倍増、借入金圧縮を実現する。さらに経営企画役員として新規事業・M&Aなどを成功に導く。M&Aの成功に伴い会社を退社して資金調達を支援するコンサルタントとして独立。自らの経験に基づき資金調達・資金繰りに悩む中小・零細企業の社長を支援する。 ■4A1枚の資料で資金繰りを改善しいつでも必要な資金を調達できる方法を教えます。■資金会計コンサルタント
詳しいプロフィールはこちら

事業で必要になるのが
資金ですが多くの社長さんは
資金の重要性を痛いほど
認識していると思います。

 

 

会社に資金が必要になったとき
どこからか資金を調達しなければ
なりません。

 

 

銀行融資だけが資金調達の
方法ではないこと知っていますか?

 

 

今回は中小・零細企業が利用できる
資金調達についてまとめてみました。

 

  • 融資による資金調達
  • 補助金・助成金による資金調達
  • 直接金融による資金調達

 

 

融資による資金調達


中小・零細企業の資金調達は
融資がメインになります。

 

どんな融資があるのか
見てみましょう。

 

親兄弟・親族・親類等からの借入

友人や第三者に借りる方法も
ありますが現実的には難しい
でしょう。

 

口頭ではなく書面にて
合意内容をまとめて
おくことがおススメです。

 

 

日本政策金融公庫の融資

政府系金融機関で政策意向を
反映し中小零細企業を
積極的に支援しています。

 

資金調達が必要になったら
まずはじめに日本政策金融公庫を
検討しましょう。

 

日本政策金融公庫を探す

 

 

信用保証協会の信用保証付きの融資

信用力が弱い中小・零細企業は
銀行に融資を申し込んでも断られる
ことが多くあります。

 

そんな時、融資を受けたい会社が
信用保証協会に保証の依頼をして
協会が審査して応諾すると融資の
連帯保証をしてくれます。
(保証料を支払います。)

 

信用保証協会は公的機関で
中小・零細企業の融資を
保証により支援しています。

※直接融資はしません。

 

日本政策金融公庫と同じように
資金調達が必要になったときは
優先的に検討しましょう。

 

近くの信用保証協会を探す

 

 

民間金融機関からのプロパー融資等

プロパー融資とは上記の
信用保証協会の信用保証を付けず
銀行がリスクを負って融資することです。

 

中小・零細企業の信用力が弱いので
ほとんどの融資で保証付き融資が
利用されている現状があります。

 

※信用保証協会の保証限度枠の中に
融資金額がおさまることが多く
銀行がプロパー融資を無理に
提案しません。

 

中小・零細企業にはハードルが
高いのですが、取引銀行があれば
相談してみましょう。

 

 

ノンバンクからの借入

ノンバンクは預金機能を
もたない融資に特化した
金融機関です。

 

金利が高いのが特徴です。

 

通常の取引では利用することは
ありませんが切迫した緊急時に
どうしても借りる必要がある場合は
少額で短期返済を心がけてください。

 

 

補助金・助成金による資金調達


補助金・助成金は大きく分けると
2つに分けることができます。

 

  • 厚生労働省系の補助金・助成金
  • 経済産業省・総務省系の補助金・助成金

 

申請しても採択されなければ
補助金・助成金を受けておることは
できません。

 

また補助金・助成金の種類がたくさん
あるので会社にあったものを探すのが
一苦労です。

 

参考に補助金・助成金を探せるサイトを
記載しておきますので参考にしてください。

 

補助金・助成金ヘッドライン

 

補助金・助成金での資金調達は
専門家に任せるのが無難でしょう。

 

専門家の探し方はネットで

補助金・助成金+代行

と検索すると探すことができます。

 

 

直接金融による資金調達


会社は第三者から出資等により
直接資金調達することができます。

 

中小・零細企業の場合は
社長や親族が中心となり
出資・設立していることが
ほとんどではないでしょうか。

 

株主構成などを考えると
増資などは難しいと思います。

 

簡便な方法に
少人数私募債を発行する
方法があります。

 

社債を発行して
利息を支払うものです。

 

ただ現実問題として
資金提供者を探さないと
なりません。

 

信用力が弱い
中小・零細企業の社債を
引き受けてくれるかは
最終的には経営者の信用
しだいということになりますが
現実的にはなかなか厳しいのでは
ないでしょうか。

 

 

 

中小・零細企業が知らない資金調達のことのまとめ


中小・零細企業の資金調達について
整理してみると主力となるのは
金融機関の融資です。

 

中でも
次の2つをしっかり理解して攻略することが
中小・零細企業の資金調達をスムーズに
してくれます。

 

  • 日本政策金融公庫の融資
  • 保証協会の信用保証付き融資

 

 

詳しくは日本政策金融公庫HPをご覧ください。

お近くの全国の信用保証協会

 

 

社長さんはまずはこの2つの融資を
利用することを考えましょう。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Torikura
1964年生まれ。大学院終了後、経営コンサル会社・不動産会社・会計事務所を経て独立するもあえなく失敗。独立資金1000万円を失う。経営は利益と資金がすべてであることを学ぶ。経営について1から学び2年間に2000冊以上の本を読破。独自の経営財務理論を極める。その後入社した資金繰りに苦しむアミューズメント会社の業績拡大に大きく貢献。独自の資金繰り・資金調達手法により売上倍増、借入金圧縮を実現する。さらに経営企画役員として新規事業・M&Aなどを成功に導く。M&Aの成功に伴い会社を退社して資金調達を支援するコンサルタントとして独立。自らの経験に基づき資金調達・資金繰りに悩む中小・零細企業の社長を支援する。 ■4A1枚の資料で資金繰りを改善しいつでも必要な資金を調達できる方法を教えます。■資金会計コンサルタント
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 最強の資金繰りプロ , 2019 All Rights Reserved.