経済産業省認定  経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号)

中小企業の資金繰り・資金調達情報

日本政策金融公庫とは

Torikura
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Torikura
1964年生まれ。大学院終了後、経営コンサル会社・不動産会社・会計事務所を経て独立するもあえなく失敗。独立資金1000万円を失う。経営は利益と資金がすべてであることを学ぶ。経営について1から学び2年間に2000冊以上の本を読破。独自の経営財務理論を極める。その後入社した資金繰りに苦しむアミューズメント会社の業績拡大に大きく貢献。独自の資金繰り・資金調達手法により売上倍増、借入金圧縮を実現する。さらに経営企画役員として新規事業・M&Aなどを成功に導く。M&Aの成功に伴い会社を退社して資金調達を支援するコンサルタントとして独立。自らの経験に基づき資金調達・資金繰りに悩む中小・零細企業の社長を支援する。 ■4A1枚の資料で資金繰りを改善しいつでも必要な資金を調達できる方法を教えます。■資金会計コンサルタント
詳しいプロフィールはこちら

すでに日本政策金融公庫を
利用している社長さんも
多いのではないでしぅようか。

 

中小・零細企業の資金調達で
まずはじめに検討したいのが
日本政策金融公庫の融資です。

 

 

日本政策金融公庫では
たくさんの融資制度を提供
しています。

 

今回は日本政策金融公庫と
その特徴を理解し融資を上手に
利用する方法をまとめました。

 

  • 日本政策金融公庫とは
  • 日本政策金融公庫の主要業務は
  • 上手な利用方法とは

 

 

日本政策金融公庫とは


日本政策金融公庫(通称 日本公庫)とは
政策金融改革により日本政策金融公庫
農林漁業金融公庫、中小企業金融公庫が
合併し2008年10月に誕生した政府系金融機関です。

 

日本政策金融公庫プロフィールをみる

 

正式には株式会社日本政策金融公庫
となっており株主は100%日本政府
となっています。

 

 

メリット・デメリットは
ありますが常に現行政府の
政策的意向が強く反映されます。

 

 

 

日本政策金融公庫の主要業務


もともと日本政策金融公庫
農林漁業金融公庫、中小企業金融公庫
と3つの公庫が合併しているので
業務も承継した形になっています。

 

出典 日本政策金融公庫2017ディスクロージャー誌より

 

 

国民生活事業の概要と特徴

国民生活事業は、地域の身近な金融機関として
小規模事業者や創業企業への事業資金融資のほか
子供の入学資金などを必要とする個人への
教育資金融資などを行っています。

 

国民生活事業の概要をみる

 

中小・零細企業の事業融資は
この事業部門で取り扱います。

 

 

農林水産事業の概要と特徴

農林水産事業は、農林漁業や食品産業の
事業者への融資を通じて、国内農林水産業の
体質強化や安全で良質な食料の安定供給に
貢献しています。

 

 

農林水産事業の概要をみる

 

 

中小企業事業の概要と特徴

中小企業事業は、融資、信用保険などの多様な機能により
日本経済の活力の源泉であり、地域経済を支える
中小企業・小規模事業者のの成長・発展を
金融面から支援しています。

 

 

中小企業事業の概要をみる

 

 

危機対応等円滑化業務

危機対応円滑化業務とは
主務大臣が認定する内外の金融秩序の混乱
大規模災害等の危機発生時において
株式会社日本政策金融公庫(以下「公庫」という。)が
指定金融機関に対して一定の信用の供与を行うものです。

 

 

指定金融機関は、公庫からの信用の供与を受け
危機対応業務を行い、危機に対処するために
必要な資金供給を行います。

 

 

わかりやすいのは地震や台風など
自然災害で地域的に大きなダメージを
受けたときに民間金融機関では
対応できない事案に対応します。

 

 

危機対応等円滑化業務の概要をみる

 

 

日本政策金融公庫の上手な利用方法とは


日本政策金融公庫の特徴は
日本政府100%出資の
政府系金融機関であることです。

 

それだけに日本政府の政策意向を
反映した融資をおこなっています。

 

民間金融機関であれば
収益性を重要視しますが
日本政策金融公庫の場合
収益性や利益より政策的意向を
重視します。

 

 

それだけに民間金融機関では
扱いずらい融資事案でも政策目的に
合致していれば積極的に取り扱う傾向が
あります。

 

 

中小・零細企業の社長さんは
会社の目的を達成するために
融資を受けます。

 

あまり日本政策金融公庫の
ことなど意識しないでしょう。

 

政策目的を意識することが大切です。

 

日本政策金融公庫を利用する場合
まずは融資制度の目的を理解して
その中に利用できる融資制度があるか
探してみましょう。

 

 

政策目的に合う条件を備えていれば
非常に融資を受けやすくなります。

 

 

逆に政策目的にあった条件が
備わっていなければ融資は
難しいと考えましょう。

 

 

日本政策金融公庫の融資制度をみる

※日本政策金融公庫の各融資制度で
ご利用いただける方の欄を確認しましょう。
ここにはどんな事業者に制度を利用
してもらいたいか記載されています。

 

その時に政府はなぜこの融資制度を
提供しているのか考えてみましょう。

(政策的意向が反映されています。)

 

政府の目的がわかれば
それに合わせて融資審査の
準備をすれば審査は通過
しやすくなります。

 

 

 

まとめ


政府系金融機関と聞くと
民間銀行と同じような
融資をしてくれるとイメージ
しがちですが融資目的を
考えると大きな違いがあります。

 

 

この違いを理解することが
日本政策金融公庫を上手く
利用するポイントです。

 

 

民間金融機関はあくまでも
利益追求を目的としますが
政府系金融機関の場合は
利益追求を政策目的達成が
優先します。

 

 

日本政策金融公庫は
政策目的条件に合った事業者に
対しては積極的に融資をします。

 

※信用状況が悪い場合は
融資しないこともあります。

 

なんでも闇雲に融資を申し込むのではなく
自社の状況が政策目的(利用条件)に
合っているか確認して融資を申し込みましょう。

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Torikura
1964年生まれ。大学院終了後、経営コンサル会社・不動産会社・会計事務所を経て独立するもあえなく失敗。独立資金1000万円を失う。経営は利益と資金がすべてであることを学ぶ。経営について1から学び2年間に2000冊以上の本を読破。独自の経営財務理論を極める。その後入社した資金繰りに苦しむアミューズメント会社の業績拡大に大きく貢献。独自の資金繰り・資金調達手法により売上倍増、借入金圧縮を実現する。さらに経営企画役員として新規事業・M&Aなどを成功に導く。M&Aの成功に伴い会社を退社して資金調達を支援するコンサルタントとして独立。自らの経験に基づき資金調達・資金繰りに悩む中小・零細企業の社長を支援する。 ■4A1枚の資料で資金繰りを改善しいつでも必要な資金を調達できる方法を教えます。■資金会計コンサルタント
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 最強の資金繰りプロ , 2019 All Rights Reserved.