経済産業省認定  経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号)

中小企業の資金繰り・資金調達情報

日本政策金融公庫の新型コロナウイルス感染症特別貸付申請フォーム

Torikura
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Torikura
1964年生まれ。大学院終了後、経営コンサル会社・不動産会社・会計事務所を経て独立するもあえなく失敗。独立資金1000万円を失う。経営は利益と資金がすべてであることを学ぶ。経営について1から学び2年間に2000冊以上の本を読破。独自の経営財務理論を極める。その後入社した資金繰りに苦しむアミューズメント会社の業績拡大に大きく貢献。独自の資金繰り・資金調達手法により売上倍増、借入金圧縮を実現する。さらに経営企画役員として新規事業・M&Aなどを成功に導く。M&Aの成功に伴い会社を退社して資金調達を支援するコンサルタントとして独立。自らの経験に基づき資金調達・資金繰りに悩む中小・零細企業の社長を支援する。 ■4A1枚の資料で資金繰りを改善しいつでも必要な資金を調達できる方法を教えます。■資金会計コンサルタント
詳しいプロフィールはこちら

この新型コロナウイルス感染症特別貸付申請フォームは
株式会社アカウティングプロの公認会計士若杉先生が
作成提供しております。

提供元:株式会社アカウティングプロ

 

 

日本政策金融公庫の新型コロナウイルス感染症特別貸付申請を
予定している方は下記フォームをご利用ください。

 

提出書類作成・手続き等に不慣れである
またはわからないという方も多いと思いますが
比較的簡単に申請書類作成が可能です。

 

 

日本政策金融公庫の新型コロナウイルス感染症特別貸付制度について
詳しくはこちらを参考にしてください。

 

 

日本政策金融公庫【新型コロナウイルス感染症特別貸付】の申請フォーム/記入例

 

入力フォームに入力するだけで以下の書類をアウトプットできます。

 

  1. 融資申請の送付状
  2. 新型コロナウイルス感染症の影響による売上減少の申告書
  3. 資金計画

 

下記から申請フォームをダウンロードする。

 

 

作成した申請書類を借入申込書といっしょに
最寄りの日本公庫の支店に提出または郵送してください。

 

 

近くの日本公庫支店を探したい方はこちら

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Torikura
1964年生まれ。大学院終了後、経営コンサル会社・不動産会社・会計事務所を経て独立するもあえなく失敗。独立資金1000万円を失う。経営は利益と資金がすべてであることを学ぶ。経営について1から学び2年間に2000冊以上の本を読破。独自の経営財務理論を極める。その後入社した資金繰りに苦しむアミューズメント会社の業績拡大に大きく貢献。独自の資金繰り・資金調達手法により売上倍増、借入金圧縮を実現する。さらに経営企画役員として新規事業・M&Aなどを成功に導く。M&Aの成功に伴い会社を退社して資金調達を支援するコンサルタントとして独立。自らの経験に基づき資金調達・資金繰りに悩む中小・零細企業の社長を支援する。 ■4A1枚の資料で資金繰りを改善しいつでも必要な資金を調達できる方法を教えます。■資金会計コンサルタント
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 最強の資金繰りプロ , 2020 All Rights Reserved.