経済産業省認定  経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号)

中小企業の資金繰り・資金調達情報

資金繰りに役立つ不動産担保融資の知識

Torikura
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Torikura
1964年生まれ。大学院終了後、経営コンサル会社・不動産会社・会計事務所を経て独立するもあえなく失敗。独立資金1000万円を失う。経営は利益と資金がすべてであることを学ぶ。経営について1から学び2年間に2000冊以上の本を読破。独自の経営財務理論を極める。その後入社した資金繰りに苦しむアミューズメント会社の業績拡大に大きく貢献。独自の資金繰り・資金調達手法により売上倍増、借入金圧縮を実現する。さらに経営企画役員として新規事業・M&Aなどを成功に導く。M&Aの成功に伴い会社を退社して資金調達を支援するコンサルタントとして独立。自らの経験に基づき資金調達・資金繰りに悩む中小・零細企業の社長を支援する。 ■4A1枚の資料で資金繰りを改善しいつでも必要な資金を調達できる方法を教えます。■資金会計コンサルタント
詳しいプロフィールはこちら

資金繰りや資金調達に悩んでいる
社長さんは、多いのではないでしょうか。

 

特に運転資金が不足すると
経営が上手くいかないだけではなく
最悪の場合、倒産に至ることもあります。

 

何とか運転資金を短期でも借りたいとき

 

  • 日本政策金融公庫
  • 信用保証協会
  • 取引金融機関

 

などに相談して融資を依頼したり相談していると思います。

 

でも時間がかかってしまったり
融資に難色を示すときは
不動産担保融資を利用して
資金調達をしてみてはいかがでしょうか。

 

利用したことがないのでよくわからないし
なんとなく不安というあなたのために
不動産担保融資についてまとめてみました。

 

もしもときのためにぜひ参考にしてください。

  1. 不動産担保融資とは
  2. 不動産担保融資を利用するメリット
  3. 不動産担保融資のデメリット

 

 

不動産担保融資とは


不動産担保融資とは、土地・建物などの不動産を担保に
金融機関などから融資を受けることをいいます。

 

わかりやすく言うと、土地・建物を購入するときに
土地・建物を担保として融資を受ける場合などが一般的です。

 

不動産を保有しているなら資金調達方法として
不動産担保融資による資金調達を検討することをおススメします。

 

不動産担保融資を受ける前に、審査が必要になります。

 

不動産の担保価値評価や・借主の支払い能力などを
確認しますが、無担保融資や保証人付き融資などに比べると
審査は支払い能力より不動産の担保価値が重視されます。

 

 

融資審査によって融資金額が決定されますが
注意しなければいけないことは
不動産価格の下落などにより担保価値が
下がっている場合、融資の与信枠が
思ったように取れず希望融資額が
得られないことがあります。

 

またすでに不動産担保融資を受けていて
前回の融資から期間が経っておらず返済が
あまり進んでいない場合なども上手く融資枠が
取れないことがありますので注意してください。

 

 

中小企業経営者の不動産担保融資を検討するなら
こちらが参考になります。

 

 >>>まずは 無料審査! ★秘密厳守★ 総合マネージメントサービスの不動産担保ローン


 

 

 

中小企業の社長が不動産担保融資を利用するメリットは

高額融資も可能になる

担保設定されていない不動産であれば
担保評価相当の高額融資が可能です。

 

金利が低い(無担保融資に比べて)

借り手が返済不能になった場合、不動産を処分することに
より貸金回収が可能になります。貸し手側のリスクが
軽減されるので、無担保融資や人的にな保証融資に
比べると低金利の融資が可能です。

 

返済期間を長めに設定できる

可能な範囲で長期ローンを組むことができます。
取扱い金融機関にもよりますが最長35年まで
期間を設定できる会社もあります。

 

返済期間を長めに設定できれば
元金や利息の支払額を押さえることができキャッシュフローに
余裕が生まれ計画的な返済ができます。

 

 

計画的に利用すれば資金繰りの不安を解消できる

会社の業績が悪くても不動産担保による
融資が可能になるため資金繰りを改善することができます。

 

資金使途が自由

住宅ローンをはじめ金融機関の融資は
資金使途が限定され、融資金が使途通り使用されているか
厳しくチエックされます。不動産担保融資の場合は
資金使途は事業性資金以外にも比較的自由に設定できます。

 

総量規制の対象外

不動産を担保とする融資は総量規制による制限を受けません。
他に総量規制の対象となる貸付があっても審査によって融資が
可能になります。

 

ただし、居宅などの自宅を不動産担保にする場合は
総量規制の対象とるので注意が必要です。

 

自宅以外の不動産(事業用不動産・駐車場・別荘など)
を担保にする場合は総量規制対象外となります。

 

 

不動産担保融資を利用するデメリットは

融資金額に応じて諸費用が発生する

不動産を担保にする場合、一般的には
不動産に抵当権や根抵当権などの設定します。
この際、登記手数料や融資手数料がかかります。

 

債務不履行の場合は不動産が処分される

融資の返済が滞納・不能になれば
担保不動産が処分され資産を失うことになる。

 

金融機関によっては審査に時間がかかる

短期間で融資してくれる金融機関もありますが
不動産の担保評価などに時間がかかることがあります。
不動産担保融資を利用するときは、事前に融資実行までに
どのくらい時間がかかるか確認しておきましょう。

 

融資解約時に解約手数料が発生する

不動産担保融資に限らず解約手数料が
かかることがありますので契約書などを
確認しておきましょう。

 

約定によっては融資残高の数%を解約手数料と
して徴収されることがあるので注意が必要です。

不動産担保融資の契約前に確認しておくことをおススメします。

 

取引銀行の心証が悪くなる

あなたが不動産担保融資を利用しようと考えたとき
その使途は事業性資金(運転資金)になるのではないでしょうか。

 

ノンバンク以外の金融機関でも有担保ローンとして
不動産担保融資を取り扱っていますが事業性資金は
対象外としている金融機関がほとんどです。

 

実際に資金繰りに困ったときの
不動産担保融資の調達先はノンバンクになります。

 

ノンバンクとの取引時には対象不動産に抵当権を設定することになります。

 

取引金融機関が不動産登記事項を確認するときに
ノンバンクとの取引が露見するので多少心証が悪くなることがあります。

 

ただ事業の資金繰りが厳しいときにそこを
乗り切らなければ倒産や廃業に至るリスクも
ありますのでまずは危険回避のためにノンバンクなどの
借入もやもえないことだと思います。

 

資金繰りが改善され、経営が安定すれば貸金を返済し
抵当権を抹消しましょう。

 

 

ノンバンクに関してはこちらの記事が参考になります。

参照:中小企業の社長が知っておくべきノンバンクの知識

 

 

 

 

まとめ:資金繰りに役立つ不動産担保融資の知識


中小企業の社長が事業を継続していく中で
さまざま困難に直面します。

 

中でも多いのが資金繰り悪化や資金不足です。

 

手元資金が底をつけばすべてが終わります。

 

しかし資金があれば乗り切れるという自信があるならば
もがいてみても良いのではないでしょうか。

 

すでにこの時点では、取引金融機関は融資を
してくれないかもしれません。

 

ただそんな時あなたのまわりにある不動産を見直してみてください。

あるいは不動産の担保提供をしてくれる人がいないか探してみてください。

 

銀行では融資してくれないかもしれませんが
不動産担保融資を専門に取り扱うノンバンクであれば
あなたの不動産を担保に融資をしてくれる可能性があります。

 

資金繰りに困ったら不動産担保融資を検討してみてください。

 

【中小企業の不動産担保融資に実績のある会社】

 >>>総合マネージメントサービス

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Torikura
1964年生まれ。大学院終了後、経営コンサル会社・不動産会社・会計事務所を経て独立するもあえなく失敗。独立資金1000万円を失う。経営は利益と資金がすべてであることを学ぶ。経営について1から学び2年間に2000冊以上の本を読破。独自の経営財務理論を極める。その後入社した資金繰りに苦しむアミューズメント会社の業績拡大に大きく貢献。独自の資金繰り・資金調達手法により売上倍増、借入金圧縮を実現する。さらに経営企画役員として新規事業・M&Aなどを成功に導く。M&Aの成功に伴い会社を退社して資金調達を支援するコンサルタントとして独立。自らの経験に基づき資金調達・資金繰りに悩む中小・零細企業の社長を支援する。 ■4A1枚の資料で資金繰りを改善しいつでも必要な資金を調達できる方法を教えます。■資金会計コンサルタント
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 最強の資金繰りプロ , 2020 All Rights Reserved.